白内障手術のタイミング

白内障手術のタイミングについて

手術は、濁った水晶体を取り除く手術

いったんにごってしまった水晶体を元の状態に戻すためには、手術によって水晶体を取りのぞき、人工の眼内レンズを入れる以外に方法はありません。

点眼薬は、水晶体のにごりを取りのぞくためのものではなく、白内障の進行を遅らせる薬です。
しかし、白内障は、きわめて良性な病気であるため、白内障と診断されたからといってすぐに手術をする必要はありません。日常生活を送るうえで、本人が不便だと感じるようになったときが手術のタイミングだといえるでしょう。

ただし、早めに手術をしたほうがよい場合、手術するのを少し待ったほうがよい場合もあり、その場合は医師の診断にしたがってください

手術を早めにしたほうが良い方

白内障が進行している

白内障をそのままにしていると、緑内障やぶどう膜炎などの病気の原因になることもあります。

糖尿病の方

糖尿病網膜症から引き起こされる視覚障害を防ぐためには、眼底検査が必要です。白内障を治療して、眼底が見える状態にしておく必要があります。

他の眼科手術を受ける方

緑内障などの手術の必要がある場合、同時に手術をすることで目の負担を軽くします。

手術を少し待ったほうが良い方

糖尿病網膜症の状態が安定しないとき

白内障の手術をすることで目に悪影響を及ぼすことがあります。病状が安定するまで待ちます。

角膜内皮細胞が減少している人

角膜内皮細胞とは、角膜の内側をおおう細胞のことです。過去に眼科手術を受けるなどして、この細胞が少なくなっている場合があります。その状態で白内障の手術をすると視力が低下することもあります

近視が強く、左右の白内障の進行度合いに大きな差があるとき

片方の目が手術を必要とする白内障で、もう片方の目には手術がまだ必要でない場合、手術をしないほうの目が近視のままだと、術後の視力差が大きくなって、 日常生活に不自由をきたします。コンタクトレンズで矯正することができる場合以外は、もう片方の白内障が進むのを待ちます。

白内障メニュー

医療法人若草会
横須賀中央眼科

院長 勅使川原 剛

〒238-0008
神奈川県横須賀市大滝町2-6
ザ・タワー横須賀中央
リドレ3階
TEL:046-827-4001

診療時間

  • 午前
    9:30~13:00
  • 午後
    15:00~18:00
pagetop