緑内障

緑内障について

40歳以上の17人に1人は、緑内障と言われています。

緑内障は、目の神経に障害が起こる病気です。
緑内障になっても、ものが見づらい、目がかすむ、などの自覚症状に乏しいのが特徴で、視野がだんだん狭くなっていき、発見が遅れると失明にいたることもあります。

緑内障で失った視野を元に戻すことはできません。そのため、「早期発見・早期治療」が重要な眼疾患の1つです。

進行を食い止めてその状態を維持していくのが治療の基本方針となり、“日常生活のなかで緑内障とうまくつき合っていく”ことが大切です。

緑内障視野欠損のイメージ

定期健診

40歳を過ぎたら年1回の定期検診をしましよう

緑内障の対応策は「早期発見、早期治療」につきます。横須賀中央眼科では、年に一度の「誕生日検診」をおすすめしています。
また、緑内障のタイプによって治療方針も変わってきます。適切な診察・治療のためには眼圧だけではなく眼底検査を行い、視神経の様子を観察することも重要です。

代表的な緑内障の検査を紹介します

眼圧検査

眼圧検査

目に空気やセンサーを当てて眼球の固さを測定します。

眼底検査

眼底写真を撮り、視神経を観察する検査です。眼圧に変化が現れない「正常眼圧緑内障」の発見に有効です。
早期発見で、緑内障の進行を食い止めることが大切です。

視野検査

目を動かさずに見える範囲の中で、見える部分と見えない部分を調べる検査です。緑内障の進行状態がわかります。

                                   
  • 医師監修サプリメント「サプリの時間」マキュラサポート
  • 医師監修サプリメント「サプリメント」モイスチャーサポート