横須賀市、横浜市鶴見区の白内障日帰り手術

極めて安全な日帰り白内障手術

白内障手術は、極めて安全性が高い手術のひとつです

白内障手術は、確立された術式のため、極めて安全性が高い手術のひとつと言われています。
しかし、手術である以上は100%安全ということはありえません。

だからこそ、中央眼科グループでは、最新機器の導入やきめ細やかなケアなどを常に行い、安全性を最優先させた手術・治療に取り組んでいます。 また、手術を受けられる方ご自身が、手術のことや起こりうるリスクなどについて理解していただくことが大切です。神奈川県で日帰り白内障手術をお考えの方は横浜鶴見中央眼科、横須賀中央眼科にご相談ください。

インフォームドコンセントの考えにのっとり、手術の内容や術前術後のことを詳しくご説明しています。わかりにくいことがございましたら、医師・スタッフにお尋ねください。

当院の白内障手術が選ばれる3つの理由

1.術前検査・術前診察をしっかり行い、患者さんの状態を把握
術前検査・術前診察をしっかり行い、患者さんの状態を把握して、状態と手術方法を分かりやすくご説明いたします。
2.最新の医療機器と技術で、良質の医療を提供
専門医師と最新の医療機器が揃っている当院だからこそできる、良質な医療を提供しつづけます。
3.患者さんとの密接なコミュニケーション
当院では、手術を正しく理解していただくため、患者さんとのコミュニケーションを大切しています。

白内障手術のタイミング

白内障が分かったからと言って、急いで手術をする必要はありません。  白内障があったとしても、自覚症状がまったくないケースもありますし、見えづらさも人それぞれです。

日常生活を送るうえで、本人が不便だと感じるようになったときが手術のタイミングだといえるでしょう。

ただし、早めに手術をしたほうがよい場合、手術するのを少し待ったほうがよい場合もあります。進行が早い白内障や、他の目の病気や持病などのリスクを抱えている場合は、早期手術が必要になることがあります。
自覚症状を感じたら、早めに受診し医師の診断に従ってください。

手術を早めにしたほうが良い方

白内障が進行している

白内障をそのままにしていると、緑内障やぶどう膜炎などの病気の原因になることもあります。

糖尿病の方

糖尿病網膜症から引き起こされる視覚障害を防ぐためには、眼底検査が必要です。白内障を治療して、眼底が見える状態にしておく必要があります。

他の眼科手術を受ける方

緑内障などの手術の必要がある場合、同時に手術をすることで目の負担を軽くします。

手術を少し待ったほうが良い方

糖尿病網膜症の状態が安定しないとき

白内障の手術をすることで目に悪影響を及ぼすことがあります。病状が安定するまで待ちます。

角膜内皮細胞が減少している人

角膜内皮細胞とは、角膜の内側をおおう細胞のことです。過去に眼科手術を受けるなどして、この細胞が少なくなっている場合があります。その状態で白内障の手術をすると視力が低下することもあります

近視が強く、左右の白内障の進行度合いに大きな差があるとき

片方の目が手術を必要とする白内障で、もう片方の目には手術がまだ必要でない場合、手術をしないほうの目が近視のままだと、術後の視力差が大きくなって、 日常生活に不自由をきたします。コンタクトレンズで矯正することができる場合以外は、もう片方の白内障が進むのを待ちます。


気になる費用|白内障手術

  1割負担のかた 3割負担のかた
単焦点レンズ使用の場合(片目) 約18,000円 約54,000円

※およその標準的な費用です。手術中の状況により多少違いが出てくる場合がございます。ご了承ください。

保険について

白内障手術は保険適用できるものとできないもの、どちらもあります。

保険適用内手術

単焦点眼内レンズ

焦点が1点に合うレンズです。合わせた距離はとても見えるようになりますが、合わせていない距離には眼鏡をかける必要があります。

費用の相場は1万~5万程度と安価で行なうことが出来ます。地区によっては補助金がでる場合がありますので、確認しておきましょう。

民間の保険に入っている場合は、白内障の手術にかかる費用は自己負担なしで手術できる場合もあります。ただし、入院などする場合は、それらの諸経費が加算されますのでご注意ください。

保険適用外手術

多焦点眼内レンズ

焦点が2点、3点に合うレンズです。 近距離・遠距離のどちらにもピントを合わせられるので、眼鏡をかけるのが負担に感じる方におすすめです。
しかし、その分割高で保険が適用されません。


・先進医療特約内…レンズ代は保険適用されませんが、その他の診察代には保険適用されます。
・先進医療特約外(自由診療)…レンズ代含め、手術前の検査から術後3ヶ月目までの診察代が自費でのお支払いです。

※生命保険(先進医療特約)に加入しておられるかたは、手術給付金の支払いを受けることができる場合があります。詳しくは、ご契約の生命保険会社にご確認ください。
※多焦点レンズは保険適用外の費用が発生する先進医療です。適応基準があるため、すべての方に受けていただける手術ではありません。詳しくは眼科スタッフまたは医師までお声をおかけください。

白内障の先進医療

当院は「多焦点眼内レンズを用いた先進医療実施施設」に認定されています。

先進医療とは、厚生労働大臣によって認められた医療機関のみが実施できる、有効かつ安全で高度な新しい医療技術のことです。先進医療は、国民の安全を守り、患者様負担の軽減を図りつつ医療の選択肢を広げるために、保険診療との併用を認めるものです。
当グループはこの先進医療実施施設に認定されていますので、ご相談ください。

レーザー白内障手術は特殊な技術のため健康保険の適用はありませんが、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療特約対応なので先進医療特約に加入していれば、手術代は保険会社から支払われます。

詳しくは、厚生労働省のホームページ「先進医療の概要について」をご覧ください。

詳しい流れ|日帰り白内障手術

  • step1
    初診

    最新機器で白内障の症状を診察。
    手術の必要性をチェックします。

  • step2
    面談

    カウンセリングで不安や心配を解消。
    “手術の安心”をしっかりケアします。

  • step3
    術前検査

    手術をより安全で、的確に行うための詳細な検査を行います。

  • step4
    術前診察

    あなたに合う眼内レンズや術式を決めます。

  • step5
    説明会

    担当スタッフが手術工程についてわかるまでご説明します。

  • step6
    手術

    最新手術装置を完備。手術時間は約15~30分です。手術には点眼式の局所麻酔を使用するので痛みはありません。

  • step7
    術後の回復と説明

    体調を確認後、目のお手入れや薬剤の説明を受け帰宅します。

  • step8
    定期検査

    術後の指定された日程で定期検査を行います。

 

手術手順 超音波乳化吸引術(PEA)

1.水晶体前嚢を切開のイメージ画像

黒目と白目の境を約2.2~3.0mmの極小切開をします。

2.水晶体の中身を吸出のイメージ画像

水晶体の前の膜を円形に切り取ります。超音波白内障手術装置を用いて、水晶体の中身を乳化し吸い出します。

3.眼内レンズの挿入のイメージ画像

空になった水晶体嚢内に、直径約6mmの眼内レンズを折りたたんで挿入し、固定します。

眼内レンズについて

付き添い

必ずしも必要ありません。お一人でも大丈夫です。 交通機関を使ってお一人で帰られる方もいらっしゃいます。

術後のケアや見え方

回復するまできちんとケア。合併症のリスクを最小限に抑えます。

手術後の診察はとても大切です。 手術を受けた目をきちんとケアするため、また術後の合併症が起きていないかをチェックするため、決められた頻度で定期検査を受けていただきます。 万が一合併症になっても早期に適切な処置を行えるので大きな心配はありません。


術後の見え方

術後の軽い炎症や角膜のむくみにより、数日~数週間かかる場合もありますが、通常は手術翌日にははっきりしてきます。 患者さんによっては、白内障以外の目の疾患を持っている場合もあり、術後の見え方は個人で異なる場合があります。