レーザー白内障手術

世界レベルのレーザー白内障手術について

横須賀中央眼科、横浜鶴見中央眼科では、フェムトセカンドレーザーを用いた最新白内障手術装置「The LenSx Laser(レンズエックス)」並びに、新世代の白内障手術支援システム「VERION️ image guided system(ベリオン)」を導入いたしました。

LenSx+Verionによる世界トップレベルのレーザー白内障手術を横須賀で提供いたします。


  • レーザー白内障手術装置
    「The LenSx Laser」


  • 白内障手術支援システム
    「Verion Image Guided System」

レーザー白内障手術とは?

私たちの目の構造は解剖学的には同じですが、一人一人それぞれ大きさや長さ、曲率半径などが異なっております。
しかしながら、眼科医はレーザーを用いる事で、それぞれの目にカスタマイズした手術を行うことが可能になります。
白内障手術用フェムトセカンドレーザー「LenSx(R)レーザー」は、白内障手術で最も高度な手技が必要な手術の過程を、人の手に頼ることなく、全自動で非常に正確にレーザーで行う事のできる最先端の白内障手術機器です。

Lensx(R)レーザーは、白内障手術に革命をもたらしました

今まで、術者の「経験」や「感覚」に頼って行われていた白内障手術がLensx(R)レーザーに搭載されている完全に統合された3D image-Guided systemによって、非常に精度が高く高速に行うことが可能になりました。

手術の流れ

光干渉断層計(HD-OCT)を用いて高精度の断層写真を撮影し、それを元に、あなたの目に応じた最適な手術が計画されます
Lesx(R)レーザーは、従来手作業で行われていたいくつかの手術手順をレーザー照射を用いて自動化することで、より正確に大切なあなたの目の手術を行うことを可能にします。
手術後に目の状態が安定するまでは、医師の指示に従って、定期的に診察を受けることが大切です。

レーザー白内障が選ばれる理由

レーザー白内障手術はあなたの術後のQOL(生活の質)を向上させる為の選択肢の1つです。
白内障手術工程の中で繊細な作業が必要ないくつかの工程を、手作業ではなくレーザーで行っていきます。
LenSx®レーザーには以下の特徴がございます。

    • ①正確なレーザー照射

    • ②施術時間が早い

    • ③結果の予測精度が高まる

先進性が高いLensx(R)レーザーを用いた白内障手術は世界では76カ国で3500人以上の眼科医に選ばれており、70万目以上の施術実績があります。
Lensx(R)を用いたレーザー白内障について詳細をお聞きになりたい方は横須賀中央眼科のスタッフにお気軽にお尋ねください。

白内障テクノロジー

テクノロジーの概要

LenSxレーザーは、次世代の屈折矯正白内障手術のために開発された、3D Image-Guided systemと1000兆分の1秒単位で照射されるフェムトセカンドレーザーを用いた、安全かつ正確に白内障手術を遂行するように特別に設計された最新鋭手術機器です。

高度な機能

カスタマイズ可能な3次元立体手術用プラットフォームを使用することで、白内障手術の重要な過程である、全ての角膜切開・角膜減張切開・水晶体前嚢切開・水晶体核分割を、内蔵のリアルタイム3D光干渉解析装置を用いて、個々の目にあわせた手術を行う事が可能になります。LenSx(R)レーザーのハイテク機能を介することで、全く新しい超高精度の白内障手術を提供できます。

統合されたリアルタイム・ビデオ・イメージング

ドッキング、プランニング、レーザー照射の全ての過程で前眼部の3次元イメージを描出します。

眼球のカーブを考慮した患者装着用インターフェース

患者様の快適さ、使いやすさと最適なレーザの性能を発揮するように特別設計された患者装着用インターフェースを使用する事により、過度な眼球圧迫をせずに安全に手術する事ができます。

直感的なタッチスクリーンのグラフィックユーザーインターフェイス

2つのタッチスクリーンモニターで手術の各過程を簡単にカスタマイズできます。手術に必要な3次元イメージを見ながら各切開のサイズや形状を正確に素早く設定する事で、手術時間を大幅に短縮します。

True Guided-Image surgery

LenSx(R)レーザーはドッキングやプランニング、レーザー照射中の間にも必要な領域すべての情報を瞬時に可視化します。 それぞれの過程においてLenSx(R)レーザーは複数の視覚化オプションが用意してあり、最適化された情報を術者に提供できます。 ビデオ顕微鏡と統合されたリアルタイム3D光干渉解析装置を使用して、患者用インターフェースをスムーズにドッキングできます。

LenSxレーザーで白内障手術に必要な切開のすべてを自在にコントロール (メスの要らない白内障手術)

人の目は一人一人大きさや形状が異なります。 最先端のLenSxレーザーを使用する事で、患者様の目に合わせた手術が可能になりました。
LenSxレーザーの3D Image-Guided systemで患者様の目を素早くスキャンし、必要な情報をすべて投影します。
術者は患者様の目の状態を確認しながら、それぞれの患者様の切開パターン、切開位置、切開数など、最良の手術プランを構築し手術を実行できます。
LenSxレーザーでは、患者様の目に合わせた最も良い設定を使用して、正確で再現性の高い安定した切開を行うことができます。
白内障手術中で最も繊細で困難な手技の一部(手術後のクオリティーとして差が出る箇所)をLenSxレーザーで完全に自動化することによって、より確実できれいな手術への成功へと導くのに役立ちます。

さあ、あなたが選ぶ番です

LenSx(R)レーザーは白内障手術の中で有益な選択肢ですが、すべての人に適応できる訳ではありません。手術を受ける前にどんな手術があなたにとって最適なのか眼科医にしっかりと相談してください。

アイケアのプロフェショナルがあなたのライフスタイル・お仕事・趣味などに応じて最な種類の眼内レンズや手術手技を提案させて頂きます。

眼科医やスタッフに確認するポイント

  • ①私の手術にオプションはありますか?

  • ②レーザー白内障手術ってどうですか?

  • ③私はレーザー白内障を受けられますか?