NEW飛蚊症

飛蚊症とは?
生理的なものと、病気のものがあるのは知っていましたか?

飛蚊症とは一般的に黒いものが飛んで見えることで、生理的なものと病気が原因で起こるものがあります。

この症状を訴える方はたくさんいらっしゃいますが、ほとんどの方はそんなに心配のない生理的なもののことが多いです。

しかし病気によるものであったときはすぐに治療が必要な場合もありますので、急に見えるようになったとか、今まで見えてたものが大きくなったなど変化があったときは、すぐに眼科を受診しましょう。

飛蚊症が起こる原因は硝子体に写る影です

■生理的な飛蚊症

カメラのフィルムに相当する網膜の前には硝子体という眼球内部の大半を占めている無色透明な組織があります。その硝子体の中にある線維などの浮遊物や濁りの影が網膜に写って、黒いものが飛んで見えるようになります。

ただし浮遊物と網膜の間にはすこし距離があるので、影の部分は完全な真っ黒にはなりません。白っぽいものや透明なものもあり、形もさまざまです。

全く害はないので治療は必要ありません。

<後部硝子体剥離> 加齢とともに硝子体は少しずつしぼんでいき、60歳前後になると硝子体と網膜の間に隙間ができます。これを後部硝子体剥離と呼び、この現象が起きると硝子体の後ろ側の膜が網膜に写り、急な飛蚊症が現れることがあります。

この場合は加齢による生理的な現象なので全く問題はないのですが、まれに硝子体と網膜が強くくっついていたりすると網膜裂孔や、網膜剥離を引き起こします。

■病気が原因の飛蚊症 硝子体に写る影の正体が網膜が眼底から剥がれた細胞だったり、眼底出血の出血のときにも飛蚊症を引き起こします。このような場合は治療や定期検診が必要です。

硝子体出血のイメージ画像

<網膜裂孔>

網膜裂孔ができると網膜の裏にある色素上皮から色素細胞がまき散らかされ、それが眼球内を浮遊することで、飛蚊症を覚えます。

また網膜が剥がれてしまうことによって起きる出血が眼球内に広がったときも、飛蚊症と同じ症状が現れます。急に黒いものが見えるようになったり、これまであった黒いものの数が急に増えたりするので、このような症状が出たら眼科で眼底検査を受けてください。

詳しくは網膜疾患の網膜剥離について

<硝子体出血>

網膜の血管が切れて眼底出血を起こし、その血液が硝子体の中に入り込んでしまうと、濁った赤血球のつぶつぶした影が見えるので飛蚊症を覚えます。視力低下を伴わなければ出血量は少ないので自然吸収されるまで経過観察をします。出血が続いたり、網膜剥離が疑われる場合は手術を行います。

硝子体出血の原因は糖尿病網膜症や加齢黄斑変性などで正常な血管よりもろい新生血管からの出血や、網膜裂孔など正常な血管が損傷されることでの出血があります。 飛蚊症の症状は〇〇 ※上に記載してしまいました 飛蚊症の治療方法はレーザー治療か手術です 網膜裂孔の場合はレーザー治療を行います。

網膜剥離を起こしていたり、出血が吸収されず視力が戻らない場合は硝子体手術となります。硝子体手術は当グループでは行っていないので、他院へ紹介させていただきます。

レーザー治療の費用は出血の量によります レーザー治療には通常のものと特殊のものがあります。患者さんの出血のレベルによって、医師がどちらのレーザーを行うかを判断します。

■通常

1割片眼11,000円
2割片眼21,000円
3割片眼31,000円

■特殊

1割片眼17.000円
2割片眼33.000円
3割片眼50.000円
(別途診察代がかかります)

レーザー治療の保険適用

保険適用されます。

                                   
  • 医師監修サプリメント「サプリの時間」マキュラサポート
  • 医師監修サプリメント「サプリメント」モイスチャーサポート