白内障の眼内レンズ

白内障の眼内レンズ

中央眼科グループでは、単焦点レンズから遠近両用眼内レンズ、3焦点眼レンズ、多焦点レンズなど、さまざまな種類の眼内レンズの取り扱いがあり、専門のスタッフと一緒に患者様のニーズに合ったレンズを選択いただけます。

眼内レンズの選び方

自分の生活に合った眼内レンズを選ぶことが大切です

白内障手術では、濁ってしまった水晶体を取り除き眼内レンズを埋め込む手術をすることで、再び光を眼底まで届かせて視力を取り戻すことができます。
水晶体は、厚みを変えることで知覚や遠くにピントを合わせることができますが、眼内レンズは厚みを変化させることができないため、ひとりひとりの生活に合わせてピントを選ぶ必要があります。

1つの距離をできるだけ鮮明に見たい方

単焦点眼内レンズ

目から取り入れた光を1点に100%使うことができるため、ピントの合う距離では多焦点レンズより鮮明に見ることができます。
多焦点レンズに比べて、ぼやけ・まぶしさが出にくいですが、ピントの合わない距離を見るときに眼鏡をかける必要があります。

できるだけ老眼鏡やメガネをかけたくない方

多焦点眼内レンズ

広範囲にピントを合わせることができるため、眼鏡をかける頻度を減らすことができます。特に多趣味(スポーツ、絵描き、旅行等)な方からご満足いただいております。
単焦点レンズに比べ、少しぼやけ・まぶしさが出やすいというデメリットがあります。

眼内レンズの種類

単焦点レンズ

Alcon社 SN60WF

Alcon社 SN60WF
網膜に優しい黄色着色を使用しており、より自然光に近い色合いを提供できます。 非球面設計で見え方のボケも少なく、薄いつくりのため小さな切開創肩の挿入が可能です。

乱視矯正用単焦点レンズ

乱視矯正用眼内レンズでは、二重三重に見えたり物にじんで見えたりする乱視を矯正することで、くっきり感のあるクリアな視界で見えるようになります。
乱視矯正眼内レンズも白内障手術と同時に行うことで目の負担を減らした治療ができます。

Alcon社 SN60WF(乱視矯正用)

Alcon社 SN60WF(乱視矯正用)
白内障と乱視を有する患者様の術後の乱視軽減を目的とした眼内レンズです。 低次収差である乱視と高次収差を同時に補正できる、白内障術後の患者様の遠方裸眼視力の向上を目的に開発された製品です。

多焦点眼内レンズ

AMO社 Symphony【選定療養適応】

AMO社 Symphony
独自の技術で焦点深度を延長し、遠方から中間、近方まで高いコントラストで自然な見え方をするレンズです。

Alcon PanOptix【選定療養適応】

アルコン パンオプティクスの画像
従来の3焦点レンズが「∞・80㎝・40㎝」で中間が80㎝に焦点が合っているのに対し、パンオプティクスは「∞・60cm・40cm」で中間が60cmに焦点があっているため、40~60㎝の中間距離の見え方がより快適で連続的になりました。

Fine Vision

Fine Vision 自費対象眼内レンズ
ファインビジョン(Fine Vision)は、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、遠くと近くと中間距離の3点に焦点が合う眼内レンズです。 構造は、遠くと近く・遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造になっています。 現時点で使用できる世界最先端の多焦点眼内レンズです。

Fine Vision の詳しい情報はこちら(英語)

MiniWell READY(ミニウェル・レディ)

MiniWell READY(ミニウェル・レディ)

遠方から近方までスムーズに見える画期的な眼内レンズです。

特に遠方視力から中間視力に強みがある眼内レンズですので、遠方視力重視のスポーツをされる方や中間視力重視の料理やデスクトップパソコンを利用される方に特に向いています。もちろん近方視力も十分にあります。

MiniWell READYの詳しい情報はこちら

AcrivaUD Trinova IOL(アクリバ トリノバ)

AcrivaUD Trinova IOL(アクリバ トリノバ)
AcrivaUD Trinova IOL(アクリバ トリノバ)は、オランダのVSY Biotechnology社が製造している眼内レンズです。ハロ(光の輪状散乱)、グレア(光のにじみ)が他の多焦点レンズに比べ少ない構造になっています。

AcrivaUD Trinova IOLの詳しい情報はこちら(英語)

  • 単焦点レンズのイメージ
    単焦点レンズのイメージ
  • 3焦点眼内レンズのイメージ
    3焦点レンズのイメージ
中央眼科グループでは患者様のニーズに合う多種多様なレンズを取り揃えております。 詳しくはお気軽に担当医、スタッフまでお尋ねください。

関連動画