CATEGORY目の病気

老眼が始まったかも!?40代からの目の老化

目の老化で見えにくくなる『老眼』初期の頃は、なかなか自分が老眼であることを認めたくなかったり、老眼鏡をかけるのに抵抗がある方も多いと思います。しかし「自分はまだ若いから」と無理をすると、日常生活で不便が出てきたりします。…

斜視|原因・種類・治療について

斜視とは斜視とは、目の視線の向きの異常です。私たちの目は物を見るときに、右目もに向いていますが、片目は真っ直ぐ向いていても、もう片方の目が違う方向を向いていることです。斜視は人口の約3%といわれており、決して珍しい病気で…

後発白内障はレーザー治療で

現在の白内障手術は、術式や器具の進化などによって、かなり安全性が高いものになりました。その安全な白内障手術の唯一とも言える問題点が後発白内障です。 後発白内障とは白内障手術後の合併症として一番多いのは後発白内障です。後発…

その症状は白内障!?セルフチェックしてみよう

白内障チェック
白内障の症状チェック50代で約半数以上の人が発症していると言われる、身近な白内障。 早期発見するためにセルフチェックしてみましょう。物がぼやける目がかすんで疲れやすいまぶしい暗い所より明るい所のほうが見えにくい視力が落ち…

若年性白内障

若年性白内障
若年性白内障とは一般的な白内障は老人性の場合が多いのですが、最近では30~40代の方での発症も増えてきたと言われています。若年性白内障は、水晶体を包んでいる透明なふくろの前部分中央がヒトデ型ににごるのが特徴で、明るいとこ…

先天白内障

先天白内障
先天白内障とは先天白内障とは、先天的な素因によって生まれつき水晶体がにごる病気です。出生時にすでに起こっているものが多いですが、成長とともに現れ進行するものもあり、その場合は「発達白内障」ともいわれます。基本的に両目に発…

コンタクトレンズは眼科で処方

コンタクト外来
コンタクトレンズは視力を矯正するための高度管理医療機器です。そのため、ご自身の視力に合ったものを作る必要があります。特にコンタクトは直接目に入れるため、眼の大きさや角膜の状態、涙の質や量などもしっかり検査しなければなりま…

硝子体黄斑牽引症候群

硝子体黄斑牽引症候群
ものを見るのに重要な細胞が集中している中心部のことを黄斑と言い、黄斑はカメラのフィルムに例えられる網膜の中に存在しています。この黄斑には様々な疾患が起こり、こちらで紹介する「硝子体黄斑牽引症候群」もその中の一つです。あま…

片目のみの白内障

片目のみの白内障
白内障は片目から進行する場合と、両目ともに進行する場合があります。片目のみの進行では視力低下に気が付かない場合があります。時々左右の目を交互に隠して、見え方を確認しましょう。 片目のみの白内障の原因片目だけの白内障の場合…

国内初承認の3焦点眼内レンズ『パンオプティクス』

パンオプティクス
中央眼科グループでも導入しました『パンオプティクス』は2019年2月に承認された先進医療保険で使用できる唯一の3焦点眼内レンズです。中央眼科グループでも2019年7月に導入いたしました。従来の3焦点レンズが「∞・80㎝・…