SLT緑内障レーザー治療【横浜鶴見中央眼科にて対応】

SLT緑内障レーザー治療

40歳以上の17人に1人は緑内障と言われています。

緑内障は眼球の圧力(眼圧)が高くなることで、目の奥にある視神経の束を圧迫し、次第に視野が欠けていく病気です。自覚症状に乏しく、以上に気付いたときには視野障害がかなり進行しているケースもあります。

緑内障治療の基本方針

  1. 視神経の圧迫をなくす。
  2. その人にあった眼圧を保つようにコントロールすることです。

治療方法は3つ

侵襲の少ない【目にやさしい】最新のレーザー治療

  • レーザー照射時間は15分程度と短時間、帰宅時の眼帯も必要ありません。
  • 麻酔は目薬で行うので注射は必要ありません。
  • 切開することはないので、出血はありません。
  • 副作用がなく、ほとんど痛みはありません。

効果の程度には個人差がありますが、1年に1回程度の治療で、毎日点眼していた目薬が不要になったり、薬の本数がへったり、緑内障の発症リスクを減らす効果が期待できます。

眼内の水(房水)の排出口部分には線維柱帯(せんいちゅうたい)という網目状のフィルターがあります。線維柱帯が目詰まり状態になると房水が過剰に溜まり、眼球内の圧力(眼圧)上昇して視神経を圧迫します。
レーザー治療では、線維柱帯にレーザーを照射して目詰まりを解消し、房水の排出を助けることによって眼圧を下げます。

SLTレーザーは色素細胞に選択的に働きかけるため、安全性が高く、6ヵ月間隔で繰り返し治療することが可能です。(従来のALTレーザー治療では1~2回程度が限界)

SLT緑内障レーザー治療は保険診療で行えます。 医師・スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

横浜鶴見中央眼科 045-508-1017