緑内障レーザー治療(SLT)

緑内障に対するレーザー治療手術について

SLT緑内障レーザー治療は下記のような特徴があります。

  • レーザー照射時間は15分程度と短時間、帰宅時の眼帯も必要ありません。
  • 麻酔は目薬で行うので注射は必要ありません。
  • 切開することはないので、出血はありません。
  • 副作用がなく、ほとんど痛みはありません。

緑内障レーザー(SLT)

効果の程度には個人差がありますが、1年に1回程度の治療で、毎日点眼していた目薬が不要になったり、薬の本数がへったり、緑内障の発症リスクを減らす効果が期待できます。

眼内の水(房水)の排出口部分には線維柱帯(せんいちゅうたい)という網目状のフィルターがあります。線維柱帯が目詰まり状態になると房水が過剰に溜まり、眼球内の圧力(眼圧)上昇して視神経を圧迫します。
レーザー治療では、線維柱帯にレーザーを照射して目詰まりを解消し、房水の排出を助けることによって眼圧を下げます。

ALT後とSLT後の線維柱帯組織

SLTレーザーは色素細胞に選択的に働きかけるため、安全性が高く、6ヵ月間隔で繰り返し治療することが可能です(従来のALTレーザー治療では1~2回程度が限界)。

緑内障の検査費用

  両目
1割 1,300円
2割 2,600円
3割 3,600円
※検査の内容によって多少前後します。

SLT緑内障レーザー治療の費用

SLT緑内障レーザー治療は横須賀中央眼科横浜鶴見中央眼科秦野駅前眼科で受けることができます。

  片眼
1割 約10,000円
2割 約20,000円
3割 約30,000円
※別途診察代がかかります。

レーザー治療は保険適用があります

SLT緑内障レーザー治療は保険診療で行えます。 医師・スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

横須賀中央眼科 ネット予約 海老名駅前眼科 ネット予約 横浜鶴見中央眼科 ネット予約 秦野駅前眼科 ネット予約
監修者:勅使川原 剛|横須賀中央眼科 院長

医学博士 MBA
MD. PhD. MBA. MA (Interpretation & Translation)
略歴
聖路加国際病院外科系レジデント
横浜市立大学医学部附属病院
University of California San Francisco (UCSF)
University of Bath, UK
横浜市立大学医学部 眼科 臨床教授


所属学会
日本眼科学会
日本臨床眼科学会
日本眼科手術学会
日本白内障屈折矯正学会
ARVO (The Association for Rearch in Vision and Ophthalmology)
ESCRS ( European Society of Cataract & Refractive Surgeon)