白内障

白内障とは水晶体が濁る病気

白内障とは水晶体が濁る病気です

目の構造はよくカメラに例えられます。目には、カメラレンズと同じ働きをする水晶体という組織があります。
水晶体とは目の中に入ってきた光を網膜(※)に届け、ピントを合わせるレンズと同じ役割をしています。水晶体は円盤状で無色透明ですが、ここが加齢などによって濁り、視力が低下する病気…これが白内障です。

50歳頃から発症することが多く、80歳代ではほぼ100%の人が白内障だといわれています。

網膜とはカメラでいうフィルムのことで、見たものはその網膜に像として描かれます。

にごりの起こった位置やその程度などによって現れる症状は異なりますが、いずれの場合も手術でにごった水晶体を 取りのぞき、眼内レンズを埋め込む手術をすることで視力を取り戻すことができます。最近では、医療の進歩により安全性が高まり、入院せずに帰宅できる 日帰り手術が多く行われています。

白内障の主な症状はかすむ、ぼやける

代表的な症状は、視力の低下

白内障は、水晶体の濁りの程度や位置によって、かすむぼやけるなど様々な症状が現れます。白内障の症状は、徐々に進行し気づきにくい場合もあります。

正常時
白内障
光がまぶしい 水晶体の濁りのせいで、目の中に入ってきた光が乱反射してしまい、まぶしく感じます。
目がかすむ 濁った水晶体を通して見るため、白い霧がかかったようにぼやけて見えます。
二重、三重に見える 水晶体の中で濁っているところと、それほど濁っていないところがあるとそこで回折(かいせつ)という現象が起きます。
回折現象とは物体に光があたったときに光が物体の影の部分に回り込むことによって起こります。
回折現象が起きると光の進行方向が変わるので二重、三重に見えるという症状が現れます。
近視が進む 水晶体の濁りが強くなることで屈折力が強まり、近視が強くなります。
今まで使っていた眼鏡が合わなくなるなどの症状が現れます。
視力の低下 水晶体の濁りが全体に広がり、視力が低下します。眼鏡などで調整しても見えにくさは変わりません。
暗い場所で見えにくい 網膜に届く光の量が少なくなり、暗い場所ではさらに見えにくくなります。

白内障の原因の多くは加齢によるものです

水晶体は水とタンパク質からできています。このタンパク質は活性酸素の影響などで酸化することによってだんだん濁ってきますので、年齢を重ねていくと濁りも蓄積されます。

レンズが古くなったカメラで撮った写真はピンボケしていますよね?カメラのレンズと同じように、水晶体が濁ってしまうと、光が拡散して鮮明な像を描くことができなくなります。その濁りが強くなるにつれて、視力もどんどん落ちていきます。
自覚症状がない場合でも、40歳代の約30%弱、50歳代で50%以上の人に白内障が確認されています。

加齢白内障 ほとんどの白内障は、加齢によるものです。これは老人白内障といわれ、白髪や肌のシワと同じで誰にでも起こりうるものです。
外傷白内障 目に物が強く当たったり、目の中に入った異物によって発症します。
全身疾患に合併する白内障 糖尿病の人は水晶体の成分に変化が起こり、発症します。また、アトピー性皮膚炎から発症する場合もあります。
先天白内障 乳幼児にみられる白内障で、胎内感染(妊娠中の風疹など)からなる遺伝的なものです。
併発白内障 ぶどう膜炎や網膜剥離などによって、水晶体の栄養が阻害された場合に発症します。
その他 放射線ステロイド剤などを長時間にわたって点眼した場合に発症します。

アトピー糖尿病の病気から発症する場合や、ステロイドの内服目のけがなどの外傷から白内障になることもあります。

対策・予防・老眼について

タンパク質を酸化させるものとして紫外線がありますので紫外線をできるだけ避けるようにすれば、白内障の予防にもなります。

日差しが強い時はUVカット機能付きの眼鏡やサングラスをかけたり、日傘や帽子をかぶるなど心がけましょう。

また同じように見えづらくなってくるものとして老眼がありますが、白内障とは原理が違います。老眼は加齢によって水晶体が固くなり動きが悪くなることによって調節力が落ち、手元が見えにくくなってくる現象です。
スマートフォンやパソコンを使うことが増えた今、45歳くらいになると老眼鏡の使用が急激に増えるという調査結果も出ています。

白内障の治療方法は手術です

濁りの起こった位置やその程度などによって現れる症状は異なりますが、いずれの場合も手術で濁った水晶体を取りのぞき、眼内レンズを埋め込む手術をすることで視力を取り戻すことができます。

最近では、医療の進歩により安全性が高まり、入院せずに帰宅できる日帰り手術が多く行われています。

当グループの横須賀中央眼科と横浜鶴見中央眼科でも日帰り手術を行っています。

医師の手による手術と最新技術のレーザー白内障手術をご用意しておりますので、患者さんにはお好きな手術方法を選んでいただけます。

白内障になったからといってすぐに手術をしなくてはいけないというわけではなく日常生活で運転がしづらい、活字が読みにくいなど困ることがあればその時が手術のタイミングです。

手術をすると数日は通院することになるので、時間に余裕がある時期など医師と相談しながら決めていきましょう。

ただし、手術を早めにしたほうがいい場合、少し待ったほうがいい場合もありますので、その場合は医師の指示に従ってください。 

入院での手術をご希望の方には紹介状をご用意します。

白内障手術は痛くない!?

麻酔は注射によるものではなく目薬での麻酔なのでチクっとする痛みもありません。

麻酔をしているので痛みはほぼありませんが、目を押されてる感じや引っ張られてる感じは多少あります。

麻酔の効き方には個人差がありますので、万が一痛いと感じたらすぐ医師やスタッフにお伝えください。

また音楽プレイヤーとヘッドホンをご用意しているので、どうしても手術が怖いという方には好きな音楽を聴きながら手術を受けていただけます。

白内障手術は保険適用できる?できない?

白内障手術は保険適用あるものとないもの、どちらもあります。

■保険適用あり

単焦点眼内レンズ(焦点が1点に合うレンズです。合わせた距離はとても見えるようになりますが、合わせていない距離には眼鏡をかける必要があります。)

■保険適用なし

多焦点眼内レンズ(焦点が2点、3点に合うレンズです。

近距離・遠距離のどちらにもピントを合わせられるので、眼鏡をかけるのが負担に感じる方におすすめです。)

・先進医療特約内…レンズ代は保険適用されませんが、その他の診察代には保険適用されます。

・先進医療特約外(自由診療)…レンズ代含め、手術前の検査から術後3ヶ月目までの診察代が自費でのお支払いです。

レーザー白内障手術は保険適用がありません。

最新レーザー白内障手術は先進医療特約保険に加入していれば実質タダ!?

先進医療とは、厚生労働大臣によって認められた医療機関のみが実施できる新しい医療技術のことです。

当グループはこの先進医療実施施設に認定されています。

レーザー白内障手術は特殊な技術のため健康保険の適用はありませんが、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療特約対応なので先進医療特約に加入していれば、手術代は保険会社から支払われます。

詳しくは、厚生労働省のホームページ「先進医療の概要について」をご覧ください。

白内障の最新手術はレーザーによる手術です

これまでは医師の手による手術が一般的でしたが、中央眼科グループではレーザーを使った手術方法を導入しました。

レーザー白内障手術には様々なメリットがあります。

■濁った水晶体を砕いて取り除き、眼内レンズをいれるというのが白内障手術の一連の流れです。

水晶体を砕いて取り除く作業の際、手作業では分割片の吸引に時間と負担がかかっていましたが、レーザーで行う場合は水晶体が細かく分割されるため吸引が簡単になり、周囲組織へのダメージが減るなどリスクの軽減が可能になりました。

多焦点眼内レンズはピントを2点から、3点に合わすことができる優れたレンズですが、とても複雑な構造をしています。

正確な位置にレンズをいれることによってその効果が最大限に発揮されるのですが、レーザー白内障手術は機械がその効果を引き出すための最適な場所を教えてくれます。

リアルタイム3Ⅾ光干渉解析装置を使うことで、一人ひとりの患者さんの目に合わせた手術が可能です。

患者さんの目はそれぞれ大きさや構造が異なり、その情報を素早くスキャンすることで適切な手術計画を立てることが可能になりました。

より正確で精密な手術が行われることで、予期しない合併症が生じる可能性を減らすことができます。

※レーザー白内障手術が受けられない方もいますので、詳しくはご相談ください。

手術後の診察はとても大切です

手術後は細菌感染が起きてないか、目の中にいれたレンズがズレてないかなどのトラブルが起こってないか確認するため、すこし頻繁に来てもらうようになります。

術後は状態が安定するまでは予約日でなくても何か異変があったらすぐにご連絡ください。

手術日当日

手術翌日診察(眼底検査)

首から下の入浴・事務作業OK

術後2日目診察(視力検査)

美容室での洗髪・運転・軽い運動OK

術後1週間目検診(視力検査と眼底検査)

洗顔・ご自身での洗髪・通常の運動・ゴルフ・温泉旅行OK

↓ 

術後1ヶ月目検診(視力検査と眼底検査)

水泳・海水浴OK

術後3ヶ月目検診(視力検査と眼底検査)

↓ 

術後6ヶ月目検診(視力検査)