白内障

白内障

白内障とは

水晶体が白く濁る病気

目には、カメラレンズと同じ働きをする水晶体という組織があります。水晶体は円盤状で無色透明ですが、ここが加齢などによってにごり、視力が低下する病気…これが白内障です。

にごりの起こった位置やその程度などによって現れる症状は異なりますが、いずれの場合も手術でにごった水晶体を 取りのぞき、「眼内レンズ」を埋め込む手術をすることで視力を取り戻すことができます。最近では、医療の進歩により安全性が高まり、入院せずに帰宅できる 日帰り手術が多く行われています。

白内障の原因

ほとんどの場合が”加齢による”白内障

白内障の原因の大部分は加齢によるもので、「加齢白内障」といいます。 自覚症状がない場合でも、40歳代の約30%弱、50歳代で50%以上の人に白内障が確認されています。

加齢白内障 ほとんどの白内障は、加齢によるものです。これは老人白内障といわれ、白髪や肌のシワと同じで誰にでも起こりうるものです。
外傷白内障 目に物が強く当たったり、目の中に入った異物によって発症します。
全身疾患による合併する白内障 糖尿病の人は水晶体の成分に変化が起こり、発症します。また、アトピー性皮膚炎から発症する場合もあります。
先天白内障 乳幼児にみられる白内障で、胎内感染(妊娠中の風疹など)からなる遺伝的なものです。
併発白内障 ぶどう膜炎や網膜剥離などによって、水晶体の栄養が阻害された場合に発症します。
その他 放射線やステロイド剤などを長時間にわたって点眼した場合に発症します。

白内障の主な症状

徐々に進行し、気付きにくい場合もあります

白内障は、水晶体のにごりの程度や位置によって、いろいろな症状が現れます。

まぶしい にごった水晶体を通して見るため、光が反射してまぶしく感じたりします。
目がかすむ にごった水晶体を通して見るため、白い霧がかかったようにぼやけて見えます。
暗い場所で見えにくい 網膜に届く光の量が少なくなり、暗い場所ではさらに見えにくくなります。
近視が進む 水晶体のにごりが強くなることで屈折力が強まり、近視が強くなります。
物が重なって見える 水晶体の中心部と周辺部の屈折率が変わってくるため、ものが二重に見えることがあります。
視力の低下 水晶体のにごりが全体に広がり、視力が低下します。眼鏡などで調整しても見えにくさは変わりません。