白内障の全て 症状・手術・費用

白内障のイメージ

白内障は、眼の中のレンズ(水晶体)がにごり、曇りガラスを通してモノを見ているようになる病気です。

今まで見えていたものがだんだん見えなくなってくると、不安を覚えますよね。日常生活でも困ることが出てくるかもしれません。

ここでは、誰にでも起こりうる病気『白内障』の症状や原因から気になる治療方法やその費用などを、中央眼科グループがやさしくご紹介します。

きちんと白内障について知り、身近な人や自分が困らないように役立ててください。

白内障の症状

代表的な症状は、視力の低下

レンズのにごりの位置や程度によって違いますが、目がかすむぼやける、光をまぶしく感じるなど様々な症状があらわれます。

白内障の症状は、徐々に進行するので気づきにくい場合もあります。

光がまぶしい 水晶体の濁りのせいで、目の中に入ってきた光が乱反射してしまい、まぶしく感じる
目がかすむ にごった水晶体を通して見るため、白い霧がかかったようにぼやけて見える
二重、三重に見える 水晶体の中でにごっているところとそれほどにごっていないところがあると、光の進行方向が変わるので二重、三重に見える
(回折現象)という現象が起きます
近視が進む 水晶体のにごりが強くなることで屈折力が強まり、近視が強くなる
今まで使っていた眼鏡が合わなくなることも
視力の低下 水晶体の濁りが全体に広がり、視力が低下する
眼鏡などで調整しても見えにくさは変わりません
暗い場所で見えにくい 網膜に届く光の量が少なくなり、暗い場所ではさらに見えにくくなる

白内障の見え方

正常な目正常な目・・・水晶体は透明な状態。
     はっきり見える。

白内障の目白内障の目・・・徐々にかすみ始める。
        光がまぶしく見える。

白内障の原因と年齢

白内障の原因のほとんどは、年を重ねることです。

シワができたり白髪が生えたりするのと同じで、年をとったら誰にでも起こってしまいます。

もちろん個人差はありますが、自覚症状がなくても40歳代の約30%、50歳代で50%以上の人は白内障になっていて、80歳代ではほぼ100%の人が白内障だといわれています。すべての人に関係のある身近な病気なのです。

それ以外では、リウマチ、ぜんそく、膠原病(こうげんびょう)などにより副腎皮質ホルモン(ステロイド )の内服薬を長い間飲んでいたことも原因のひとつといわれています。

また、糖尿病の方、がん治療などで多量の放射線を受けた方も白内障発症のリスクが高いといわれています。

種類 原因
加齢白内障 ほとんどの白内障は加齢によるものです。これは老人白内障といわれ、白髪や肌のシワと同じで誰にでも起こりうるものです。
外傷白内障 目に物が強く当たったり、目の中に入った異物によって発症します。
全身疾患に合併する白内障 糖尿病の人は水晶体の成分に変化が起こり、発症します。
また、アトピー性皮膚炎から発症する場合もあります。
先天白内障 乳幼児にみられる白内障で、胎内感染(妊娠中の風疹など)からなる遺伝的なものです。
併発白内障 ぶどう膜炎や網膜剥離などによって、水晶体の栄養が阻害された場合に発症します。
その他 アトピーや糖尿病の病気から発症する場合や、ステロイドの内服、目のけがなどの外傷から白内障になることもあります。

白内障の治療

白内障の治療は手術がほとんどです。

手術でにごったレンズ(水晶体)を取りのぞき、眼内レンズを埋め込むことで、視力を取り戻すことができます。

当グループの横須賀中央眼科と横浜鶴見中央眼科では、日帰り手術も行っています。

手術方法も、医師の手による手術と最新技術のレーザー白内障手術があるので、お好きな手術方法が選べるのが嬉しいですね。

レンズの種類もたくさんあるので、自分の生活に合ったレンズをしっかりと選びましょう!

レンズの種類

単焦点眼内レンズ

1つの距離をできるだけ鮮明に見たい方へ

目から取り入れた光を1点に100%使うことが出来るため、ピントの合う距離のものは多焦点レンズよりはっきり見ることができます。合わせていない距離には眼鏡をかける必要があります。

老眼鏡を使っていない場合
老眼鏡を使っていない場合

老眼鏡を使って近距離を見た場合
老眼鏡を使って近距離を見た場合

□ メガネをかけることに不都合を感じない
□ 夜に車の運転をすることが多い
□ 手元の細かい作業をすることが多い
□ 緑内障などの他の目の病気を併発

多焦点(2焦点)眼内レンズ

仕事上や美容上、眼鏡が使えない方や眼鏡をかける回数を減らしたい方へ
約30~40cmの手元を見るのにおすすめ
近方と遠方に対応

□ あまりメガネをかけたくない
□ 遠近両用のコンタクトレンズを使用していたことがある
□ 夜間に車の運転はあまりしない
□ 白内障以外に目の病気はない
□ 手元の細かい作業などはあまりしない

多焦点(3焦点)レンズ

遠くも近くもメガネなしで日常生活を送りたい、老眼が気になる方へ
約70cmの中間距離もはっきり見える。

□ PCなどをよく使う方
□ あまり老眼鏡やメガネをかけたくない
□ スポーツを快適に楽しみたい
□ 料理をよくする方

白内障になったからといってすぐに手術をしなくてはいけないので焦らなくても大丈夫です。

日常生活で運転がしづらい、活字が読みにくいなど困ることがあれば、その時が手術のタイミングです。手術をすると数日は通院することになるので、時間に余裕がある時期などを医師と相談しながら決めていきましょう。

ただし、手術を早めにしたほうがいい場合、少し待ったほうがいい場合もありますので、その場合は医師の指示に従ってくださいね。入院での手術をご希望の方には紹介状をご用意します。

白内障手術の痛みは!?

麻酔は目薬での麻酔なので、注射による麻酔のチクっとする痛みがありません。

麻酔をしているので痛みはほとんどありませんが、目を押されてる感じや引っ張られてる感じは多少あります。麻酔の効き方には個人差がありますので、万が一痛いと感じたらすぐ医師やスタッフにお伝えください。

また音楽プレイヤーとヘッドホンをご用意しているので、どうしても手術が怖いという方には好きな音楽を聴きながら手術を受けることができます。

白内障の先進医療

最新レーザー白内障手術は先進医療特約保険に加入していれば実質タダ!?

先進医療とは、厚生労働大臣によって認められた医療機関のみが実施できる、安全で高度な新しい医療技術のことです。当グループはこの先進医療実施施設に認定されていますので、ご相談ください。

レーザー白内障手術は特殊な技術のため健康保険の適用はありませんが、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療特約対応なので先進医療特約に加入していれば、手術代は保険会社から支払われます。

詳しくは、厚生労働省のホームページ「先進医療の概要について」をご覧ください。

白内障手術の費用

白内障手術は保険適用できる?できない?

白内障手術は保険適用できるものとできないもの、どちらもあります。

保険適用できる

単焦点眼内レンズ
(焦点が1点に合うレンズです。合わせた距離はとても見えるようになりますが、合わせていない距離には眼鏡をかける必要があります。)

保険適用できない

多焦点眼内レンズ
(焦点が2点、3点に合うレンズです。近距離・遠距離のどちらにもピントを合わせられるので、眼鏡をかけるのが負担に感じる方におすすめです。)

・先進医療特約内…レンズ代は保険適用されませんが、その他の診察代には保険適用されます。
・先進医療特約外(自由診療)…レンズ代含め、手術前の検査から術後3ヶ月目までの診察代が自費でのお支払いです。

白内障手術の術後

手術後の診察はとても大切です

手術後は細菌感染が起きていないか、目の中にいれたレンズのずれなどのトラブルが起こってないかを確認するため、すこし頻繁に来てもらうようになります。

術後は状態が安定するまでは予約日でなくても何か異変があったらすぐにご連絡ください。

手術日当日

手術翌日診察(眼底検査)
首から下の入浴・事務作業OK

術後2日目診察(視力検査)
美容室での洗髪・運転・軽い運動OK

術後1週間目検診(視力検査と眼底検査)
洗顔・ご自身での洗髪・通常の運動・ゴルフ・温泉旅行OK

術後1ヶ月目検診(視力検査と眼底検査)
水泳・海水浴OK

術後3ヶ月目検診(視力検査と眼底検査)

術後6ヶ月目検診(視力検査)

術後のケア

手術後は眼の栄養にも気をつけましょう。
「眼を守る栄養素」

白内障の手術を終えて良く見えるようになったら、ぜひ、これからの眼の健康を考えて、角膜や網膜を守る栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

私たちのまわりには、エアコン、スマホやパソコン、テレビのブルーライトなど、眼を乾燥させる原因がたくさん。それだけでなく、加齢によっても涙の分泌機能はだんだん低下していくから、眼の乾燥は進みがち。

涙には水分だけでなく油分が入っていることで、眼を乾燥から守ります。不飽和脂肪酸のDHA(ディーエイチエー)は涙の油分を作る成分。DHAは体内で生成することができないので、食事やサプリメントで摂る必要があります。

アントシアニンは、目から入ってきた光を認識する物質を活発化させて、目の疲れをやわらげたり、ドライアイを防いだり、視力回復にも効果が期待されている栄養素です。

中央眼科が考えるサプリメントとの向き合い方
https://www.chuoh-eye-clinic.com/how_to_use_supplement/