緑内障治療

中央眼科グループの緑内障治療

40歳以上の17人に1人が緑内障と言われています。
しかし自身が緑内障であると認識している人は1割程度といわれているくらい
自覚症状が乏しいのが特徴です。

緑内障は、目の神経に障害が起こる病気です。
視野が徐々に狭くなり、気付いた時にはすでに進行してしまっていることが多く、
発見が遅れると失明にいたることもあります。

ここでは、中央眼科グループの緑内障治療について詳しく解説します。
是非身近な人がお困りの時には、お早めにご相談ください。

※SLT緑内障レーザー治療は横須賀院・横浜鶴見院で対応
※緑内障手術は横須賀院のみで対応