小児眼科

小児外科のイメージ画像

小児眼科について

早期発見、早期治療が大切です

小児眼科において最も大切なことは「早期発見と早期治療」です。

小児眼科は成人の眼科と役割が少し違います。成人の眼科は目の疾病を治療することを主な目的としています。対して小児眼科はまだ目が完全に発達していない時期の治療となり、成人になった時に正常な目の働きが出来るようにすることが目的となります。

大人の視力とほぼ同程度に発達するといわれている年齢は6歳と言われており、それまでにお子様の目の状態をしっかりとチェックする必要があります。目の障害はなかなか外見では気づきにくく、見過ごされてしまうことが多いです。「気づいた時には手遅れだった…」とならないように、視力が図れるようになったら一度眼科でしっかりと検査を受けることをお勧めします。

視能訓練士によるより専門的な小児眼科対応

当院では視能訓練士という国家資格を有する専門のスタッフが充分に時間をかけ、丁寧に対応致します。 視能訓練士は小児眼科で多い斜視や弱視の訓練や、近視・遠視・乱視等の屈折異常、視野検査、メガネ・コンタクトレンズの処方などを得意としております。

また必要に応じて、こども医療センターや小児療育センターへのご紹介も可能です。