NEW眼瞼下垂

眼瞼下垂とはまぶたをあげる筋肉に異常があることです

目を開いたときに上まぶたが黒目の上の部分をすこし隠すくらいが正常といわれていますが、それよりも下がっている状態をいいます。何らかの原因で皮膚のハリがなくなったり、まぶたをもちあげる関連の筋肉に異常が出ることから発症します。視野が狭くなるだけでなく、見た目も気になるという方もいらっしゃり、その程度は軽度・中度・重度と分けられます。

眼瞼下垂が起こる原因は大きく分けて2つあります

先天性のものと後天性のものがあります。

■先天性眼瞼下垂

生まれつき、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)というまぶたをあげる筋肉が発育異常を起こしているものです。まぶたがさがったまま見えにくい状態が続いてしまうと、視力の発達にも影響します。治療は手術ですが、ある程度目をあけられるようなら手術を急ぐ必要はなく、成長とともに経過観察をしていきます。

先天性の眼瞼下垂は横須賀中央眼科では行っておりません。

■後天性眼瞼下垂

主な原因は加齢による皮膚のたるみやまぶたを上げる筋肉が衰えてくることにより生じます。瞼板(けんばん)というまぶたのふちの裏側にある少し硬い部分があり、これが眼瞼挙筋の働きで持ち上げられて目が開く仕組みになっています。

年齢とともに瞼板と眼瞼挙筋の間のつなげている部分がゆるんでしまうことで、眼瞼下垂を引き起こします。 その他ハードコンタクトレンズを長期使用している、よく目をこする、目の周りを手術したことがあるなどまぶたに負担がかかっている方も眼瞼下垂になりやすい傾向があります。

眼瞼下垂の症状は見えづらくなる以外にもあります

以下の症状がある方は眼瞼下垂かもしれません。

■まぶたが下がり視界が悪くなった

■眠たそうだといわれる

■まぶたをあげようとして疲れる また目とは関係なく

■おでこのシワが増えた

■眉毛の位置があがった といったことも、無意識のうちにまぶたを上にあげようとしているからといわれています。 横須賀中央眼科では黒目の中心線より目が開かない場合、手術適応があります。

眼瞼下垂の治療方法は手術です

■眼瞼挙筋前転法

まぶたの皮膚を二重の線で切開し弱くなった挙筋を前転させて瞼板に固定させることによって、まぶたを上げる力を正常に近づけます。眼瞼挙筋に直接手を加えるので、下記の眉毛下皮膚切除術に比べると、より目を大きく開けることができます。もともと一重まぶたの方は二重まぶたになり、顔の印象が変わってしまうことがあります。

■眉毛下皮膚切除術

眼瞼挙筋機能の低下が軽度で、皮膚のたるみが多い人におすすめする手術です。まぶたの皮膚を眉毛の下で切除し、縫合します。眼瞼挙筋には直接手を加えないので、根本的な改善手術ではありません。 上記の眼瞼挙筋前転術に比べると目の開けやすさは劣りますが、手術をする前の目元の印象を保ちたい方にはおすすめです。

眼瞼下垂の手術の流れ

来院→血圧測定・点眼麻酔→着替え→医師の最終チェック→手術開始→途中バランスチェック→クーリング(30分)→帰宅 手術は1時間半ほどかかりますがリラックスした状態でいてもらうことを最優先しています。手術中、先生に質問などもできますので気持ちを楽にして手術を受けてください。

翌日診察(ガーゼを外して診察)

1週間後抜糸

1ヶ月診察

眼瞼下垂の費用

手術費用

1割負担 15,000円
2割負担 15,000円
3割負担 44,000円

 

眼瞼下垂の手術は保険適用があります

目を大きく見せたいなどの美容目的での二重の手術は保険適用がありませんが、眼瞼下垂はまぶたがさがることで日常生活に支障が出ている人のための手術です。目の機能改善を目的としているので、診察から手術まで保険で受けることができます。

眼瞼下垂の術後は必ず腫れます

術後は必ず腫れてしまいますので、術後3日目まではご自宅で患部の冷却をお願いしています。術後1週間目くらいまでは腫れが強いので、人前に出ることや写真を撮る行事があるときは控えたほうがよさそうです。腫れは徐々にひいてきます。

また起き上がっていると内出血が頬や首のほうまで広がってしまうことがあるため、なるべく仰向けか横になった状態で安静してもらいます。