自己判断は厳禁!目の「腫れ」の原因とケア方法をご紹介

目が腫れているときのケア

まぶたが腫れていると見た目にも気になりますが、目の病気などが絡んでいることがあります。腫れを伴う目の病気は人に感染することがあるので、自己判断せずに、早い段階で医師の指示を仰ぐようにしましょう。

【腫れの原因と症状】

まぶたが腫れる原因はさまざまです。ちょっとしたトラブルであることもあれば、何らかの病気であることもあります。放っておいても自然に解消されるものもあれば、速やかに治療が必要なものもあるので、緊急性を見極めることが大切です。

むくみが原因でまぶたが腫れることがあります。これは体内の水分の代謝が悪くなることで起こる現象で、自然に治まっていくので心配いりません。

まぶたの皮膚は薄くてデリケートです。そのため、化粧品やシャンプーなどが原因でまぶたがかぶれることがあります。もともとアレルギー体質の人は、使用する化粧品や食品に気をつけるようにしましょう。

ウイルスや細菌に感染することでも、まぶたが腫れることがあります。ウイルスや細菌が感染する箇所によって、結膜炎や涙嚢炎などを発症します。これらの病気になると、まぶたが腫れるほか、めやにや痛み、膿みなどの症状が出ます。治療方法もそれぞれ異なるので、病名をきちんと把握することが重要です。

病気によっては、細菌感染によりしこりができ角膜を傷つけることがあるので、激しい痛みを伴うなどの症状があったら、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

【腫れのケア】

目やまぶたはとてもデリケートなので、刺激を与えないことが大切です。特に腫れているときには、指などで触れないようにし、洗顔後はタオルでそっと抑えるようにしましょう。

むくみやすい体質であれば、体内の水分代謝をスムーズにするように、適度な運動やマッサージなどが効果的です。

ウイルスや細菌に感染した可能性がある場合には、清潔を保ち、他の人にうつらないよう気をつけましょう。たとえ家族であっても、同じタオルを使わないなどの配慮が必要です。

赤く腫れて痛みやかゆみを伴うときは、何らかの病気である可能性があるので、できるだけ早く眼科を受診するようにしましょう。

【痛い(表面)の症状から考えられる病気】

結膜炎

ものもらい

流行性角結膜炎