目の中に異物感!?目が「ゴロゴロ」する原因とケア方法

目がゴロゴロするときのケア

目がゴロゴロする異物感を感じることがあります。

実際に目にゴミが入っていたりすることもありますが、心当たりがないのにゴロゴロしたり目薬をさしても解消されないと悩んでいる方は意外に多いです。

ゴロゴロの原因と症状

原因のひとつは異物が付着して目を刺激していることです。

抜けたまつ毛が入ってしまったり、土いじり草刈りをしていてゴミが入ってしまったりなどが典型的な例です。

ガラス片鉄粉などが目に入ってしまうと、目に傷をつけてしまう恐れがあるので早めに眼科を受診しましょう。

一方で、目に何かが入ったわけではないのに異物感を感じることもあります。

結膜結石という分泌物の塊で黄色い小石のようなものができることがあり、これらは白目の奥にあるときは異物感を感じませんが、まぶたの裏に露出してくると痛みや異物感を感じるようになります。

露出してしまった結石は自然と脱落することもありますが、痛みが強い場合は眼科で摘出するのが最善です。

年齢を重ねると結膜がゆるみ、シワのように弛んでくることがあります。

このような目の表面の弛みも目のゴロゴロ感を引き起こす原因の一つです。

痛い(表面)の症状から考えられる病気

腫れの症状から考えられる病気はドライアイ結膜炎結膜下出血アレルギー性結膜炎があげられます。

ドライアイの主症状には、乾いた感じがする・疲れやすい・目が重い感じがするといったものがあります。軽い症状は自然に治まることもありますが、いつまでも長引くようでしたら目の表面が傷ついていることが考えられるため、傷から細菌が入り込んで目全体が感染したり、傷が深くなり視力低下する恐れもあるので、眼科を受診したほうが良いでしょう。

結膜炎は、めやに、充血、涙などの症状が特徴的です。様々な種類があり、日常生活を共にする家族や、職場の人にも移ってしまうので、お子様が感染した場合、学校は出席停止扱いになり、成人の方も仕事の内容によってはお休みしなくてはならない場合もあります。

結膜下出血は痛みやかゆみ、視力低下などがないのが特徴的ですが、ゴロゴロする、重たいなどといった症状を訴える患者さんが多いです。何度も繰り返すようなら動脈硬化や糖尿病、高血圧などの内科的な病気が原因の場合があり、血液中の血小板が減少していることで出血が止まりにくくなる紫斑病や白血病である可能性もあるので、全身の検査も受けることをおすすめします。

アレルギー性結膜炎は目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が付着して炎症を起こす病気です。かゆくて目をこすってしまうと、痛みが出て目がゴロゴロとすることがあります。治療をしないまま放っておくと、目が充血したり、まぶたが腫れたりします。

病気の詳細はこちら
ドライアイ
結膜炎
結膜下出血
アレルギー性結膜炎

ゴロゴロしたときのケア

日々の生活で行えるケア

目に異物が入ってしまったときはすぐに取り除くことです。

無理にとろうとすると目に傷をつけてしまう場合もあるので、心配なら眼科を受診しましょう。

ドライアイや結膜炎が原因でのゴロゴロは、医師の診察を受けたうえで適切な目薬で治療しましょう。

症状が改善されない場合はお気軽に中央眼科グループにご相談ください。

サプリメントによるケア

目に異物が入ったりしてゴロゴロする場合、本来は涙が異物を取り除いてくれる機能を担っているのですが、ドライアイなどの症状がある場合、涙液が足りないためうまく異物を取り除くことができない場合がございます。
これまでドライアイへの対応は点眼のみでしたが、涙腺からの涙液分泌を促進したり涙の蒸発を防ぐ点眼はなく、その効果は決して十分とは言えないものでした。
そこで、さらなるケアを行うために特定のサプリメントを十分量摂取する、という方法がございます。
近年の研究でも、長時間のパソコン作業後にアントシアニンを摂取すると、調節機能や自覚的眼精疲労、ドライアイが改善する可能性が高いという報告がされています。
ドライアイと眼精疲労に関するサプリメントの研究報告にあるように、一日あたり57mgのアントシアニン、EPA650mg、DHA350mが涙液分泌が促進に有効であると述べられています。

サプリメントでは不足している栄養素を手軽に補えるため、病院に行くほどでもないけれど症状が辛いとお考えの方はご利用を検討いただく方が良いでしょう。

ドライアイと眼精疲労に関するサプリメントの研究報告はこちら
ドライアイに関するサプリメントの研究報告
加齢性黄斑変性症に関するサプリメントの研究報告
※外部サイト「医師監修サプリ《サプリの時間》」へ移動します。