糸くずや蚊が飛んでいるように見える「視界に黒いものが飛ぶ」

黒いものが飛ぶ

黒いものが飛ぶ原因と症状

目の前に、黒い点や虫のような浮遊物が見えることはありませんか? 蚊が飛んでいるように見えることから、医学的に飛蚊症と呼ばれています。

主に、白い壁や明るい空を見たときに現れます。暗い場所にいくと気にならなくなる傾向にあります。 先天的または加齢による飛蚊症のメカニズムは硝子体という組織にヒントがあります。

目の大半を占める“硝子体”は、99%が水分から出来ています。硝子体が老化したり、日常生活でストレスを感じたりすると、硝子体内部の繊維組織が壊れ水の塊ができます。この水の塊の中の繊維組織のクズが網膜に写り、黒いものが飛んでいるように見えるのです。

飛蚊症の原因のほとんどは先天的なものや加齢によるものですが、それに対して病気が原因で起きる飛蚊症もあります。

黒いものが飛ぶときのケア

飛蚊症の原因によってケアの方法が異なります。 先天的な飛蚊症の場合、とくに治療方法がありません。黒いものが飛んでいるのを気にしすぎないように努めましょう。

病気が原因の飛蚊症の場合、治療が遅れると視力が失われる可能性があります。症状に急激な変化があった場合、すぐに眼科を受診してください。

黒いものが飛ぶ症状から考えられる病気