自分だけが光がまぶしく感じている!?「まぶしい」

晴れた日に暗い室内から外に出たり、夜間に車のヘッドライトを目にすると、光がまぶしく感じられます。

これは目に特別な異常がなくても起こる、正常な反応です。しかし、今までは気にならないほどの光でもまぶしさを感じるなら、目の病気が疑われます。

まぶしい原因と症状

他の人は平気そうなのに、自分だけが室内の蛍光灯の光がまぶしく感じる。それは、羞明という病気の症状である可能性があります。羞明が生じる原因は、大きく分けて3つです。

・目に入る光の量がうまく調整できていない

光の量が調整できない理由は、瞳孔の調整がうまくできていないことにあります。

目は瞳孔を開くことで光をたくさん取り入れ、縮めることで光が目に入る量を絞っています。この瞳孔の大きさを調整しているのが、虹彩と呼ばれる器官です。何らかの理由で瞳孔を縮めることができなくなると、目に必要以上光が入り込み目に痛いぐらいのまぶしさを感じます。

・目に入る光が散乱する

光が散乱する原因は、目に入った光が水晶体や網膜に乱反射することです。
網膜の表面は通常なめらかで、光が目の奥に真っ直ぐ届きます。

しかしドライアイなどで涙の量が減ったり、網膜に傷が付いていたりして、表面がでこぼこになると光が乱反射し、まぶしく感じます。またこの乱反射は、白内障による水晶体の濁りによっても生じます。

・膜や視神経のトラブル

網膜視神経にトラブルがある場合には、通常の光の量でもまぶしいと感じることがあります。網膜や水晶体に異常がないなら、神経系疾患を疑った方がいいかもしれません。

まぶしさと同時に目の痛み充血かすみなどの症状があるなら、何らかの目の病気であることが考えられます。つらい症状を我慢せずに、眼科クリニックを受診することをおすすめします。

まぶしいの症状から考えられる病気

まぶしいの症状から考えられる病気はドライアイ結膜炎ぶどう膜炎白内障があげられます。

「ドライアイ」は目の乾きだけではなく、視力低下の恐れもある

ドライアイの主症状には、乾いた感じがする・疲れやすい・目が重い感じがするといったものがあります。軽い症状は自然に治まることもありますが、いつまでも長引くようでしたら目の表面が傷ついていることが考えられるため、傷から細菌が入り込んで目全体が感染したり、傷が深くなり視力低下する恐れもあるので、眼科を受診したほうが良いでしょう。

ドライアイ

充血などを伴い、人に感染する「結膜炎」

結膜炎は、めやに、充血、涙などの症状が特徴的です。様々な種類があり、日常生活を共にする家族や、職場の人にも移ってしまうので、お子様が感染した場合、学校は出席停止扱いになり、成人の方も仕事の内容によってはお休みしなくてはならない場合もあります。

結膜炎

様々な問題が起きる「ぶどう膜炎」

ぶどう膜炎とは、充血、視力低下、かすみ、まぶしい、歪み、黒いものが飛ぶなど、様々な症状が起こる事があります。
原因も、ぶどう膜自体が炎症を起こす場合だけでなく、血液の流れによって全身の他の臓器に炎症が起こった時にも、連動してぶどう膜に炎症が起きてしまう事があります。
ぶどう膜の炎症は網膜にも影響が出るため、視力の低下や失明にも繋がる恐れがあります。

ぶどう膜炎

「白内障」の初期症状は気付かれにくい

白内障とは水晶体が濁り、かすむ、ぼやける、まぶしい、視力の低下など様々な症状が現れます。症状の進行が遅いと気づきにくい場合もあります。
白内障が進行すると、水晶体が融解して強い炎症を起こしたリ、水晶体が膨らんで緑内障発作になる可能性があるので、気になるようでしたら、早めの受診をお勧めします。

白内障

まぶしいときのケア

日々の生活で行えるケア

まぶしいと感じるときには、目が乾燥していることが考えられます。まばたきを繰り返す、部屋の湿度を上げるなどして、目の潤いを確保しましょう。
また、水晶体を健康に保つ栄養素を積極的にとることもおすすめです。ルチン、アントシアニン、ラクトフェリン、ムチンなどが効果的です。

症状が改善させない場合は自己判断せず、お気軽にご相談ください。

サプリメントによるケア

ドライアイによる乾燥でまぶしさを感じている場合、湿度の管理や点眼ではケアしきれないことがあります。
これまでドライアイへの対応は点眼のみでしたが、涙腺からの涙液分泌を促進したり涙の蒸発を防ぐ点眼はなく、その効果は決して十分とは言えないものでした。
そこで、さらなるケアを行うために特定のサプリメントを十分量摂取する、という方法がございます。

近年の研究でも、長時間のパソコン作業後にアントシアニンを摂取すると、調節機能や自覚的眼精疲労、ドライアイが改善する可能性が高いという報告がされています。
ドライアイと眼精疲労に関するサプリメントの研究報告にあるように、一日あたり57mgのアントシアニン、EPA650mg、DHA350mが涙液分泌が促進に有効であると述べられています。

サプリメントでは不足している栄養素を手軽に補えるため、病院に行くほどでもないけれど症状が辛いとお考えの方はご利用を検討いただく方が良いでしょう。

ドライアイと眼精疲労に関するサプリメントの研究報告はこちら
ドライアイに関するサプリメントの研究報告
加齢性黄斑変性症に関するサプリメントの研究報告
※外部サイト「医師監修サプリ《サプリの時間》」へ移動します。