まぶしい

まぶしいときのケア

晴れた日に暗い室内から外に出たり、夜間に車のヘッドライトを目にすると、光がまぶしく感じられます。

これは目に特別な異常がなくても起こる、正常な反応です。しかし、今までは気にならないほどの光でもまぶしさを感じるなら、目の病気が疑われます。

【まぶしい原因と症状】

他の人は平気そうなのに、自分だけが室内の蛍光灯の光がまぶしく感じる。それは、羞明という病気の症状である可能性があります。羞明が生じる原因は、大きく分けて3つです。

・目に入る光の量がうまく調整できていない

光の量が調整できない理由は、瞳孔の調整がうまくできていないことにあります。

目は瞳孔を開くことで光をたくさん取り入れ、縮めることで光が目に入る量を絞っています。この瞳孔の大きさを調整しているのが、虹彩と呼ばれる器官です。何らかの理由で瞳孔を縮めることができなくなると、目に必要以上に光が入り込み、目に痛いぐらいのまぶしさを感じます。

・目に入る光が散乱する

光が散乱する原因は、目に入った光が水晶体や網膜に乱反射することです。
網膜の表面は通常なめらかで、光が目の奥に真っ直ぐ届きます。

しかしドライアイなどで涙の量が減ったり、網膜に傷が付いていたりして、表面がでこぼこになると光が乱反射し、まぶしく感じます。またこの乱反射は、白内障による水晶体の濁りによっても生じます。

・膜や視神経のトラブル

網膜や視神経にトラブルがある場合には、通常の光の量でもまぶしいと感じることがあります。網膜や水晶体に異常がないなら、神経系の疾患を疑った方がいいかもしれません。

まぶしさと同時に目の痛み、充血、かすみなどの症状があるなら、何らかの目の病気であることが考えられます。つらい症状を我慢せずに、眼科クリニックを受診することをおすすめします。

【まぶしいときのケア】

まぶしいと感じるときには、目が乾燥していることが考えられます。まばたきを繰り返す、部屋の湿度を上げるなどして、目の潤いを確保しましょう。
また、水晶体を健康に保つ栄養素を積極的にとることもおすすめです。ルチン、アントシアニン、ラクトフェリン、ムチンなどが効果的です。

【まぶしいの症状から考えられる病気】

  • ドライアイ
  • 結膜炎
  • 白内障
  • ぶどう膜炎