網膜疾患

網膜疾患

網膜疾患について

定期的な検査で 早期発見・早期治療が重要

網膜は約0.2ミリのうすい膜で、よくカメラのフィルムに例えられます。光を角膜、水晶体で屈折させ、網膜上に焦点を合わせます。網膜には視細胞(光を感じるセンサー)があり、視神経によって脳へと伝えられます。 網膜の毛細血管が切れて出血したり剥がれたりすると栄養がゆきわたらなくなり、光に対する感度が鈍くなったり、見にくくなったり、視界が欠けるなどの障害を起こします。 普段は両眼でものを見ているため、視野の異常に気付かず、かなり進行してから自覚することも少なくありません。 網膜はその機能を失うと再生することはなく、早期発見・早期治療が重要な疾病の1つです。目の健康状態を定期的に把握しておくと安心です。

網膜剥離

網膜剥離は、強い近視で網膜が薄い場合、目に打撲を受けた場合、糖尿病網膜症の悪化などが原因で発症しますが、最も一般的なのは目の老化によるものです。(眼底の炎症や腫瘍、腎臓病、妊娠中毒症なども網膜剥離の原因となります)

はがれてしまった網膜には栄養がゆきわたりません。このため光に対する感度が鈍くなったり、見にくくなったり、 視界が欠けるなどの症状が現れます。また、虫やゴミなどが目の前をちらつくように見える飛蚊症(ひぶんしょう)や、ものがゆがんで見える変視症、視力低下 なども起こります。

裂孔原性網膜剥離 若いときはゼリー状の硝子体が、年齢とともに液化して、容積が減ります。縮む硝子体に引っ張られて網膜が破れ、穴があいてしまいます。この裂け目から網膜の下に液化した硝子体が入り、網膜が剥がれた状態が裂孔原性網膜剥離です。
牽引性網膜剥離 網膜に裂孔(れっこう)〔=あな〕はなく、網膜の前面に線維性の膜が張り、この膜が収縮して網膜を引っ張り、剥がれていきます。自覚症状がない場合もあります。
滲出性網膜剥離 網膜に裂孔(れっこう)〔=あな〕はなく、脈絡膜側から滲み出た液が網膜下に溜まっていくことで網膜が剥がれてきます。症状は視力が低下して視野が欠けますが、飛蚊症は起こりません。

糖尿病網膜症

中途失明原因の第1位

糖尿病の合併症の1つである“糖尿病網膜症”は中途失明原因の第1位で、毎年3000人以上の方が糖尿病網膜症により失明しているといわれています。

糖尿病で血液中の糖度(血糖)が高くなって血液の粘性が増すと、血管に負担がかかり痛めやすくなります。網膜は細かい血管(毛細血管)が集中しているので高血糖の影響を受けやすく、血管が詰まったり、破れて眼底出血を起こします。

糖尿病網膜症の進行と段階

単純網膜症
毛細血管の一部にコブができ、毛細血管から血液が染み出る。
増殖前網膜症
さらに進行すると毛細血管が詰まり、血液が流れていない虚血部分が生じて網膜が腫れる。
増殖網膜症
虚血部分に酸素や栄養を送るため、もろくて破れやすい新生血管が伸びてくる。
増殖網膜症がさらに進行すると、新生血管は硝子中にまで伸びてきて大出血を起こしたり、異常な膜(=増殖膜)を作って網膜を引っ張り、網膜剥離を起こします。

網膜静脈閉塞症

高齢者に多く見られ、高血圧や動脈硬化と深く関わる

糖尿病網膜症とならんで、眼底出血をおこす主な原因となるのが網膜静脈閉塞症です。これは網膜の静脈の血管がつまり、血液が流れにくくなる病気です。

高血圧や糖尿病になると、血管がもろくなります。そこで静脈がつまると、静脈から血液が流れ出し、網膜の表面に広がって眼底出血や網膜の腫れを起こします。

閉塞はいろいろな部位で起こりますが、静脈の根元が閉塞するのが網膜中心静脈閉塞症です。網膜全体に影響します。

網膜疾患の治療

当院では早期発見に有効な検査機器OCT(光干渉断層計)を導入しております。

これら網膜疾患の検査のために、当院は光干渉断層計(Optical Coherence Tomography)を導入しております。 OCTは網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、緑内障など様々な疾患の早期発見と詳細な経過観察を可能にします。

必要に応じてレーザー光凝固術による迅速な治療が可能です。

眼底出血、糖尿病網膜症、網膜裂孔や円孔に対しては必要に応じてレーザー光凝固治療を行います。 レーザー治療はメスや器具で直接目に傷を入れる手術ではないので日帰りできます。