飛蚊症

飛蚊症とは

明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの浮遊物が飛んでいるように見えることがあります。視線を動かしても一緒に移動してくるように感じられ、蚊が飛んでいるようにも見えることからこのような症状を医学的に飛蚊症と呼んでいます。 まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗い所では気にならなくなります。

飛蚊症は老化現象?

飛蚊症について、「単なる老化現象だから心配ない」と思っている方が少なくありません。 その一方で、「網膜はく離を起こしているのかもしれない」と過剰に心配される方もいらっしゃいます。 飛蚊症はまったく心配ないものや、重大な病気の前兆、飛蚊症と症状は似ているが別の病気の場合、など様々なケースが考えられます。 飛蚊症自体は多くの人に起こる症状なので、飛蚊症についてきちんと知っておくことが大切です。

飛蚊症が起こるメカニズム

人間の眼球内は硝子体というゼリー状の液体で満たされています。 光が角膜と水晶体を通して入ってくると、この硝子体を通過して網膜に達し、映像になります。 ところが、硝子体が老化やストレスなどの原因で劣化すると、硝子体の中の繊維組織が壊れ、行き場を失った繊維組織の塊が硝子体の中に浮きます。 この塊の中には繊維のくずがあり、このくずの影が網膜に映り浮遊物として見えてしまいます。 これが飛蚊症の正体です。

当院での治療

必要に応じたレーザー治療を行っております

生理的な飛蚊症の場合は経過観察となります。 飛蚊症に加えて、網膜剥離を引き起こす裂孔や円孔を伴っている際はレーザー光凝固装置を用いて迅速な治療を行っております。 レーザー治療は、メスや器具で直接目に傷を入れる事もなく、入院の必要もございません。