チクチク?ゴロゴロ?ヒリヒリ?しみる等「目の表面が痛い」の原因とケア方法をご紹介

目の表が痛いときのケア

目の痛みは大きく分けて2種類です。目の表面に感じる痛みと目の奥に感じる痛みです。目の周りの神経はとても敏感で、少しの異変でも痛みを感じます。それだけデリケートな部位なので、痛みを感じたらその原因を突き止め、しっかりとケアすることが重要です。

【痛い(表面)の原因と症状】

目の表面に感じる痛みとは、チクチクするとか、ゴロゴロする痛み、ヒリヒリする痛み、しみるような痛みです。痛みが一時的でないのであれば、病気や疾患が隠れている可能性があります。

このような目の表面に感じる痛みは、外的な刺激から起こることが多いです。例えばゴミなどの異物混入で目が傷つくことで痛みが生じます。自分のまつ毛が目を傷つけることもありますし、コンタクトレンズが合っていないことで炎症が起き、その結果チクチク、ゴロゴロした痛みを感じることがあります。紫外線で目が炎症を起こしたときは、ヒリヒリとして痛みが生じます。

その他にも乾燥による炎症、まつ毛や爪で角膜を傷つけることでできる潰瘍や炎症などでも目が痛くなります。爪でひっかくなどして角膜の表面がすりむけるほどの傷を作ってしまった場合には、激しく痛み、大量の涙を伴います。

【痛い(表面)のケア】

目の表面が傷むときの対処法は、その原因によってことなります。目に異物が入って傷む場合なら、原因となっている異物を取り除くように目を洗い流しましょう。

目がしょぼしょぼする症状が同時にあるなら、ドライアイの可能性があります。瞬きをしたり目薬をさしたりして、目に潤いを与えます。

まぶたの腫れや赤みが伴っている場合には、ものもらいの可能性があります。なるべく手に触れないようにし、目の清潔を保つようにしましょう。軽度のものもらいであれば、自然に治まります。

強い日差しを受けて目にひりつく痛みがあるときは、消炎作用のある目薬が有用です。

我慢できないような激しい痛みがある場合には、角膜を傷つけている可能性があるので、できるだけ早く眼科医師に相談するようにしましょう。

【痛い(表面)の症状から考えられる病気】

ドライアイ

ものもらい

流行性角結膜炎