絶対に目をこすってはいけません!目の「かゆみ」の原因とケア方法

かゆいときのケア

かゆみの原因と症状

目のかゆみの原因は、主に結膜炎によって起こります。結膜とは、まぶたの裏側と白目の表面をつなぐ薄い膜のこと。結膜炎は、結膜が赤く充血し炎症が起こることをいいます。

かゆみが出る結膜炎のなかにアレルギー性結膜炎があげられます。これは、花粉やダニ、ハウスダスト、ペットの毛などの異物が結膜に入り、アレルギー反応を起こす病気です。

アレルギー反応が起きると、ヒスタミンという物質が大量に放出され、この物質がかゆみの原因となります。症状はかゆみのほか、充血白っぽい目やにが出るのも特徴です。

中には春季カタルという青少年に発症しやすい重症のアレルギー性結膜炎があります。

どちらもアレルギー反応によって引き起こされるものなので、そういった抗原に触れないようにすることが大切です。

最近では、コンタクトレンズの装用で目のかゆみを訴える方も多くなりました。汚れたレンズを使っていたり、規定時間を超えて使用したりすることが主な原因です。

コンタクトレンズが原因のときは、レンズを清潔に保つか、1日使い捨てタイプのレンズを使うことで、症状を防ぐことができます。

かゆみのケア

目のかゆみが発生したときは、かゆみを抑えることが大切です。

ヒスタミンの働きや放出を抑えられるような目薬が有効です。

また目を冷やすことも効果的です。冷やすことで炎症を抑え、一時的にかゆみを和らげることができます。目を閉じて、冷たいタオルをまぶたの上に乗せて冷やしてみてください。

目がかゆいときに絶対やってはいけないのは目をこすること。目をこすると、かゆみが増したり、角膜を傷つけたりして危険です。

軽い炎症であれば、時間とともに治ることもありますが、強いかゆみが出ているときは眼科を受診してください。

かゆみの症状から考えられる病気