充血とは違う!目が「真っ赤」になる原因とケア方法

目が真っ赤なときのケア

白目全体が真っ赤になっていたり、丸くシミのように赤みができていたりして充血とよく間違えられますが、しくみや原因は異なります。

【真っ赤の原因と症状】

真っ赤になる症状が出たら、結膜下出血が考えられます。
白目が真っ赤で、いかにも目から血が出ているようにベッタリ赤くなってしまう症状から、丸くシミのようにポツっと赤くなる症状もあります。

痛みやかゆみ、視力低下などがないのが特徴的ですが、ゴロゴロする、重たいなどといった症状を訴える患者さんは多いです。出血しているのは目の表面なので、目の中に血液がたまってしまうことはありません。

原因は、重いものを持った、力んだなどの圧力によって血管が切れてしまうことです。血液をサラサラにする薬を服用している方や血管がもろくなった高齢の方などに多くみられます。

【真っ赤のケア】

結膜下出血は特別なケアをしなくても1~2週間ほどで体内に吸収されるので、自然に治まります。
しかし目にボールをぶつけた、転んで打ったなど出血する明らかな原因がある場合は、すぐに眼科医にみてもらいましょう。

出血する理由が思い当たらないのに、何度も繰り返すようなら動脈硬化や糖尿病、高血圧などの内科的な病気が原因の場合があります。
血液中の血小板が減少していることで出血が止まりにくくなる紫斑病や白血病である可能性もあるので、全身の検査も受けることをおすすめします。

【充血の症状から考えられる病気】

結膜下出血