目の奥(裏側)が重く響くように痛い!他の疾患が原因になっていることも!?

目の痛みは、目の表面がチクチク、ゴロゴロする痛みと、目の奥(裏側)が重く響く痛みの2つに分けられます。

目の表面の傷みが目自体の疾患であることが多いのに比べ、目の奥の痛みは、他の疾患が原因となっていることがあります。

目の奥(裏側)が痛いときの原因と症状

目の裏側は頭神経に近いため、目の奥が傷むときには同時に頭痛を伴うことが多いです。目の奥がズーンと重だるく痛むときに考えられるのが、眼精疲労です。

パソコンなどで目を酷使し、疲れがたまることでこのような症状がでます。

目の奥がえぐられるような痛みに頭痛を伴う場合には、群発性頭痛の可能性があります。脳の血管が拡張して炎症することや、自律神経の乱れなどが原因と言われています。

目の奥の痛みは、目とは関係なさそうな病気が原因のこともあります。

意外なところでは歯周病やうつ病などがあります。歯周病は細菌によって歯茎や骨が傷んでいく病気ですが、歯周病でできた膿が副鼻腔に詰まり、目の奥に痛みを感じることがあります。

うつ病などの精神疾患は首や肩の筋肉を緊張させるため、それが目の奥の痛みにつながることがあります。

急激に眼圧が上昇し、目の奥の痛みとともに、頭痛や充血、吐き気などを伴うのが急性緑内障発作です。早い段階で視力がどんどん低下する、怖い病気です。

目の奥(裏側)が痛い症状から考えられる病気

目の奥(裏側)が痛い症状から考えられる病気は眼精疲労急性緑内障発作があげられます。
眼精疲労が進行すると、目の周りの筋肉の緊張が全身の筋肉にも伝わり、首こりや肩こりの原因にもなりかねず、ひどくなると自律神経のバランスも悪くなって胃腸や精神面にも影響が出ます。
急性緑内障発作が進行すると、頭痛、目の痛み、充血、吐き気、虹のようなものが見える、などが起こり、発症してから時間が経つほど視力の低下や視野の狭まりなどの症状が出てきます。治療をしないままでいると、短期間で失明に至ることもあります。

病気の詳細はこちら
眼精疲労
急性緑内障発作

目の奥(裏側)が痛いときのケア

日々の生活で行えるケア

目の奥に痛みを感じるときには、目を休めることが何より大切です。多くのケースでは目を使いすぎたために起きているので、目の周りの筋肉を緩め、リラックスさせることに注力しましょう。

蒸しタオルで目を温めたり充分な睡眠をとったりするようにするといいでしょう。

休息をとって目を休めても目の奥の痛みが取れないなら、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。

頭痛や吐き気を伴う場合には、群発性頭痛や急性緑内障であることも考えられます。少しでも異常を感じたら、無理をせずにお近くの病院やクリニックを受診するようにしましょう。

サプリメントによるケア

これまでは眼精疲労による症状への対応は点眼のみでしたが、その効果は決して十分とは言えないものでした。
そこで、さらなるケアを行うために特定のサプリメントを十分摂取する、という方法もございます。
近年の研究でも、長時間のパソコン作業後にアントシアニンを摂取すると、調節機能や自覚的眼精疲労、ドライアイが改善する可能性が高いという報告がされています。
ドライアイと眼精疲労に関するサプリメントの研究報告にあるように、一日あたり57mgのアントシアニン、EPA650mg、DHA350mが涙液分泌が促進に有効であると述べられています。

サプリメントでは不足している栄養素を手軽に補えるため、病院に行くほどでもないけれど症状が辛いとお考えの方はご利用を検討いただく方が良いでしょう。

ドライアイと眼精疲労に関するサプリメントの研究報告はこちら
ドライアイに関するサプリメントの研究報告
加齢性黄斑変性症に関するサプリメントの研究報告
※外部サイト「医師監修サプリ《サプリの時間》」へ移動します。