50代以降の方の場合には、目のトラブルや病気の可能性も。「二重に見える」

一つのモノが二重に見えることがあります。単に目が疲れているときや、乱視がある方にも起こる症状ですが、特に50代以降の方の場合には、目のトラブルや病気が原因であることもあるので、注意が必要です。

二重に見える原因と症状

片目で見たときに二重に見える症状を単眼複視、両目で見たときに二重に見える症状を両眼複視と言います。両眼複視の場合は、片目を閉じると一つのものは一つに見えます。

単眼複視の場合は、目の病気が考えらます。単眼複視の直接の原因の一つは、目に入る光の屈折異常により、網膜上に像を結ばないことにあります。

簡単に言うと、近視遠視乱視の症状です。もう一つが、白内障による水晶体の濁りです。水晶体が濁っていると目に入る光の屈折が乱れ、モノが二重に見えることがあります。

両眼複視の場合には両方の目が同じ方向を向いていないことが多く、視神経や目を動かす筋肉の麻痺などが原因のことが多いです。

突然そうなったなら、脳神経障害脳卒中などの病気からきていることがあるので、注意が必要です。両眼複視と同時に激しい頭痛めまいなどの症状があるときは、緊急を要する可能性があります。すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

二重に見える症状から考えられる病気

二重に見える症状から考えられる病気は白内障眼精疲労があげられます。

「白内障」の初期症状は気付かれにくい

白内障とは水晶体が濁り、かすむ、ぼやける、まぶしい、視力の低下など様々な症状が現れます。症状の進行が遅いと気づきにくい場合もあります。
白内障が進行すると、水晶体が融解して強い炎症を起こしたリ、水晶体が膨らんで緑内障発作になる可能性があるので、気になるようでしたら、早めの受診をお勧めします。

白内障

「眼精疲労」は肩こりや頭痛の原因にもなります

眼精疲労が進行すると、目の周りの筋肉の緊張が全身の筋肉にも伝わり、首こりや肩こり、頭痛の原因にもなりかねず、ひどくなると自律神経のバランスも悪くなって胃腸や精神面にも影響が出ます。

眼精疲労

二重に見えるときのケア

日頃から目の使いすぎを自覚している場合には、睡眠をとることで目の疲労が回復し、二重に見える症状が解消されることがあります。それでも症状が改善しないときには、自然に治ることは考えにくいので、早めに医師に相談するようにしましょう。

まずは眼科医の診断を受け、単眼複視両眼複視なのかを見極める必要があるので、眼科クリニックの受診をおすすめします。乱視などが原因なら、眼鏡で対応することができます。白内障が原因なら手術が必要になりますが、日帰り手術も可能です。

脳神経障害などに起因する両眼複視の可能性がある場合には、専門の医師を紹介してもらえます。症状が出たら、早めの眼科受診が肝心です。