放っておくと失明する病気が隠れている可能性が有ります!「モノがゆがんで見える」原因とケア

50歳以上の患者さんから多く聞かれる症状がモノがゆがんで見えるです。

この症状は片方ずつ生じることが多く、少しずつ進行するため、異常に気づきにくいことが多いようです。ゆがんで見える症状には、放っておくと失明する病気が隠れていることがあるので、ゆがみに気づいたらすぐに眼科を受診しましょう。

モノがゆがんで見える原因と症状

モノがゆがんで見えると訴える人の多くは、視野の中心がゆがんで見えるが、周囲は通常に見えるようです。症状が進むと視野の中央が暗くなり、新聞や本を読みづらくなってきます。

こうした症状の原因には、黄斑部の異常が考えられます。黄斑はフィルムの役割をする網膜の中にあり、モノの色や形、大きさなどを認識する器官です。

これが紫外線加齢による老廃物によってダメージを受けたり、網膜に新たな血管が生えることでむくんだりすることで、視力に障害が出ます。このように、黄斑部が変質する病気を黄斑変性と言います。

黄斑変性の症状は、モノがゆがんで見えるほか、色の識別ができなくなるケースもあります。欧米では失明の原因となる病気の第一位で、女性よりも男性がかかりやすいという統計が出ています。

黄斑以外では、網膜の異常が考えられます。いずれの場合にも、放っておくと病状がどんどん悪化します。ゆがみを引き起こす原因によっては進行を防ぐこともできるので、早めの治療が大切です。

【CHECK】黄斑変性を診断する方法の一つに、アムスラー検査というものがあります。方眼紙のような格子状の図を片側の目だけで見て、ゆがみや中央が暗く見えるなどの症状がないかをチェックするものです。※アムスラーの画像を載せる

モノがゆがんで見える症状から考えられる病気

モノがゆがんで見える症状から考えられる病気は黄斑変性網膜静脈閉塞があげられます。

視界が歪んだり、視力に異常が起きる「黄斑変性症」

黄斑変性症は網膜の中心にあるため、見ようとしている場所が見えにくくなります。また中心部がゆがむ、暗く見えるなどの症状もあります。
老廃物がたまり栄養不足になることで徐々に萎縮していき、進行はゆっくりなタイプや、新生血管という異常な血管が脈絡膜から伸び、破れやすいため血液が黄斑組織内に漏れ出し、ものを見る細胞の機能を障害する進行の早いタイプがあります。

黄斑変性

充血などを伴い、人に感染する「網膜静脈閉塞」

結膜炎は、めやに、充血、涙などの症状が特徴的です。様々な種類があり、日常生活を共にする家族や、職場の人にも移ってしまうので、お子様が感染した場合、学校は出席停止扱いになり、成人の方も仕事の内容によってはお休みしなくてはならない場合もあります。

モノがゆがんで見える時のケア

ゆがんで見える症状を引き起こす最大の原因は、加齢にあります。そのため黄斑の健康を維持し、黄斑や網膜の変性を予防することが大切です。

・禁煙

タバコを吸う人は、吸わない人に比べて黄斑変性の発症率が高いことがわかっています。この病気の予防には、まず禁煙することです。

・食生活の改善

そして黄斑変性には、亜鉛が有効であることがわかっています。亜鉛を多く含む、魚介類などを多く食べるようにするといいでしょう。

網膜や黄変の健康を維持するには、ビタミン摂取も大切です。緑黄色野菜などをバランスよくとるようにしましょう。

黄斑や網膜の病気は知らず知らずのうちに病状が進行していることが多いので、定期的な検査が必要です。年に一度は眼科クリニックを受診し、見え方をチェックしてもらうことをおすすめします。