CATEGORY病気の記事

中央眼科の抗VEGF硝子体注射

硝子体注射
硝子体注射は、近年眼科で行なわれるようになってきている治療法です。目の中に注射を打つというと不安な気持ちになるかもしれませんが、なんども注射の前に点眼麻酔を行いますので、痛みはほとんどなく麻酔が効いている間は目を押されて…

若年性白内障

若年性白内障
若年性白内障とは 一般的な白内障は老人性の場合が多いのですが、最近では30~40代の方での発症も増えてきたと言われています。 若年性白内障は、水晶体を包んでいる透明なふくろの前部分中央がヒトデ型ににごるのが特徴で、明るい…

先天白内障

先天白内障
先天白内障とは先天白内障とは、先天的な素因によって生まれつき水晶体がにごる病気です。出生時にすでに起こっているものが多いですが、成長とともに現れ進行するものもあり、その場合は「発達白内障」ともいわれます。基本的に両目に発…

コンタクトレンズは眼科で処方

コンタクト外来
コンタクトレンズは視力を矯正するための高度管理医療機器です。 そのため、ご自身の視力に合ったものを作る必要があります。特にコンタクトは直接目に入れるため、眼の大きさや角膜の状態、涙の質や量などもしっかり検査しなければなり…

硝子体黄斑牽引症候群

硝子体黄斑牽引症候群
ものを見るのに重要な細胞が集中している中心部のことを黄斑と言い、黄斑はカメラのフィルムに例えられる網膜の中に存在しています。この黄斑には様々な疾患が起こり、こちらで紹介する「硝子体黄斑牽引症候群」もその中の一つです。あま…

片目のみの白内障

片目のみの白内障
白内障は片目から進行する場合と、両目ともに進行する場合があります。片目のみの進行では視力低下に気が付かない場合があります。時々左右の目を交互に隠して、見え方を確認しましょう。 片目のみの白内障の原因片目だけの白内障の場合…

緑内障手術

緑内障手術
緑内障の治療は基本的に点眼治療から始めますが、なかなか眼圧が下がらず進行していっている場合は、手術を行う必要があります。緑内障は一度失った視野は元に戻ることはありません。現状からより悪くならないようにするための手術です。…

緑内障の専門外来のご案内

緑内障専門外来
緑内障には、いくつかのタイプがあり、そのタイプに応じてそれぞれ治療法が異なります。通院、治療が長期にわたるため、医師と患者さまとの間に良好なコミュニケーションも必要です。患者さまごとに異なる緑内障の診断は、豊富な知識と経…

後部硝子体剥離

後部硝子体剥離
近頃、虫や糸くずなどが飛んでいるように見える、光が走っているように見える、そんな症状を経験されたことはありませんか?それは、眼の中にある硝子体が網膜から剥がれる『後部硝子体剥離』が起こっていることが原因かもしれません。後…

硝子体手術【横須賀中央眼科のみ対応】

硝子体手術
 眼の中は「硝子体」と呼ばれる透明なゼリー状の組織で満たされています。この硝子体が原因となって眼にさまざまな疾患を起こし、日常生活に支障をきたすことがあります。近年では硝子体を取りのぞく「硝子体手術」が広まり、以前より安…