「目がぼやける」原因と対処法。白内障の可能性も⁉

ぼやけるときのケアのイメージ画像

パソコンやゲームのやりすぎで目を使いすぎると、視界がぼんやりすることがあります。
目を休めれば回復しはっきりすることがほとんどですが、以前よりこういった状態が続く、目がぼやけて以前より視力が下がった気がする、目にフィルターがかかったように見えるなどの症状がある場合は、要注意です。

ぼやける原因

ぼやけるの原因と症状

目がぼやける原因で、まず考えられるのは目の疲れです。
近くを見るとき、目はレンズの役割である水晶体の厚みを厚くさせることでピントを合わせています。 テレビやパソコン、スマホのモニターなど近くのものを見続けていると、水晶体を調整する筋肉が緊張したままになって、遠くのものを見るときと近くのものを見るときのピント調整がしづらくなります。その結果、どこを見てもぼんやりとして見えてしまうのです。

目がぼやける症状

目がぼやける症状には、視界の中心が特にぼやける、全体的にぼんやりとして見える、白くかすみがかったようにぼやける、などがあります。
こうした症状が続いて気になり始めるのは40代以降の人に多いですが、パソコンやスマホの利用が当たり前になっている現代では、若い年代の人でもぼやけの症状を訴える方が増えています。

症状から考えられる病気

ぼやけの症状から考えられる病気は白内障、老眼、黄斑変性があげられます。

白内障

白内障

白内障とは水晶体が濁り、かすむ、ぼやける、まぶしい、視力の低下など様々な症状が現れます。症状の進行が遅いと気づきにくい場合もあります。
白内障が進行すると、水晶体が融解して強い炎症を起こしたリ、水晶体が膨らんで緑内障発作になる可能性があるので、気になるようでしたら、早めの受診をお勧めします。
白内障

老眼

年を重ねると水晶体を支える筋肉の衰えに加え、水晶体自体の弾力性がなくなってきます。弾力性がなくなってくると、水晶体の厚みを調節しづらくなるので近くのものがぼやけて見えます。これが老眼です。


黄斑変性

黄斑変性

目を休める時間がほとんどなく、過労やストレスが溜まってくると、眼底の中央にある黄斑という器官が酸素不足になり黄斑変性を引き起こすことがあります。
視界の中心がぼやけて見えます。視力低下を伴う可能性があるので、ぼやける以外に、ものが歪んで見えるなどの自覚症状があれば、早めに眼科を受診した方がいいでしょう。
黄斑変性

ぼやけるときのケア

日々の生活で行えるケア

目を温める

目がぼやける原因のほとんどが、目の疲労です。まずは、ゆっくりと目を休めるようにするといいでしょう。水晶体を支える筋肉の緊張を緩みやすくするように、蒸しタオルなどで目を温めるのも効果的です。

遠くを見る

パソコン作業が多い人は、時々遠くを見るなどして、モニターから目を離すことを心がけましょう。

瞬き

目が乾燥していることも考えられるので、まばたきを繰り返す、部屋の湿度を保つなどして、目の潤いにも注意を払いましょう。

そしてミネラルやビタミンA群、B群、C群を積極的に摂るなど、食事の栄養バランスにも気を配るようにすると、目のぼやけ解消を早めることが期待できます。

少しでも異常を感じたらなら、目の病気かもしれません。自己判断せず、速やかに眼科クリニックを受診するようにしましょう。

栄養補給によるケア

モイスチャー

目の乾燥が原因の場合、上記にもあるようにまばたきを繰り返す、部屋の湿度を保つなどの方法が一般的です。 ですがそれでも目の乾燥が改善しないようなら、さらなるケアとして必要な栄養素をサプリメントで効率的に補給する方法もあります。

中央眼科が考えるサプリメントとの向き合い方でも紹介している通り、サプリメントでは手軽に有効成分を摂取できるので、毎日の自宅ケアとして取り入れるのも良いでしょう。

病気の記事:目の奥が痛い