喫煙者は要注意!?「見たいところが見えない」は目の病気の可能性も。

見たいところが見えない原因と症状

見たいところが見えない症状が出たら黄斑変性が考えられます。黄斑とはモノを見るための大事な器官で、ここが障害されると視力が著しく低下したり、モノがゆがんで見えたりします。

黄斑変性には、“委縮型”“滲出型”の2つのタイプがあります。委縮型の主な原因は加齢です。老廃物がたまって栄養不足になることで、黄斑という組織が委縮します。一方、滲出型の主な原因に喫煙の習慣があげられます。発症率は、非喫煙者の4~5倍と言われています。

見たいところが見えない症状から考えられる病気

見たいところが見えない症状から考えられる病気は黄斑変性があげられます。

視界が歪んだり、視力に異常が起きる「黄斑変性症」

黄斑変性症は網膜の中心にあるため、見ようとしている場所が見えにくくなります。また中心部がゆがむ、暗く見えるなどの症状もあります。
老廃物がたまり栄養不足になることで徐々に萎縮していき、進行はゆっくりなタイプや、新生血管という異常な血管が脈絡膜から伸び、破れやすいため血液が黄斑組織内に漏れ出し、ものを見る細胞の機能を障害する進行の早いタイプがあります。

黄斑変性

見たいところが見えないときのケア

加齢黄斑変性の場合、上記のとおり喫煙が原因のひとつとされているので、できるだけ禁煙することです。また、太陽光も病気を促進すると言われています。日頃から、太陽光を浴びる機会が多い方は、帽子や日傘、サングラスをかけると効果的です。

また加齢黄斑変性に効果があるサプリとして、抗酸化ビタミン(ビタミンA,C,E)、抗酸化ミネラル(亜鉛)があります。そのほか、ルテインやオメガ3脂肪酸、ゼアキサンチンなども効果があります。これらの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

症状が改善させない場合は、自己判断せず、お気軽にご相談ください。