眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とはまぶたが開きにくく、垂れ下がる病気です。

多くの方は加齢に伴うものです。下がったまぶたが瞳孔にかかると、視野が欠けて見えづらくなったり、顔つきが暗い印象になりがちになります。

加齢によってまぶたを開く筋肉(眼瞼挙筋)とまぶた本体をつないでいる腱膜が徐々に外れてしまうため起こる加齢性腱膜性眼瞼下垂が最も多いです。

こんなことを感じたことはありませんか?

  • ・瞼が重く感じる
  • ・目が腫れぼったく見える
  • ・視野が狭く感じる
  • ・肩こり・頭痛がある
  • ・目が開けにくい、年々小さくなった感じがする

眼瞼下垂手術(保険適用)

垂れ下がった瞼で、視野が狭い、瞼が重たい等、眼瞼下垂でお悩みの方、健康保険適用で手術が受けられます

眼瞼下垂手術では、瞼が下がって来たことによる目の開きづらさを、瞼を上に持ち上げることで見えづらさの改善を図ります。

目を開ける筋肉の筋力を鍛えることができないため、上瞼の皮膚を切開し筋肉の腱膜を確認して、瞼板に縫い付けます。腱膜と瞼を糸で結ぶ事で連結が強固になり、瞼への力がダイレクトに伝わる様にします。大半はこの方法で治せます。

手術は日帰りで片目で30分くらいで終わります。手術後は数日、瞼が腫れますが徐々に腫れは引きます。当院では1週間目に抜糸します。

また、皮膚のタルミが原因による眼瞼下垂の場合には、一部皮膚を切除し、瞼のタルミがなくなり美容効果も得られます。

軽度の場合は負担が少ない方法の手術もご案内できますのでお気軽にお問い合わせください。

眼瞼下垂の手術例

  • 眼瞼下垂手術Before Before
  • 眼瞼下垂手術After After

眼瞼下垂手術の流れ

01.診察

 

お一人お一人のお悩みやご要望を担当医が伺い、それぞれに最適な治療法をご提案いたします。

02.手術

 

手術は日帰りで行えます。術後は数日、瞼が腫れますが、徐々に腫れは引きます。

03.手術後検診

 

腫れの状態、仕上がりを確認します。術後1週間目に抜歯をします。

医療法人若草会
横須賀中央眼科

院長 勅使川原 剛

〒238-0008
神奈川県横須賀市大滝町2-6
ザ・タワー横須賀中央
リドレ3階
TEL:046-827-4001

診療時間

  • 午前
    9:30~13:00
  • 午後
    15:00~18:00
pagetop