近視進行抑制点眼(Myopine)【横浜鶴見中央眼科のみ対応】

近視進行抑制点眼(Myopine)

Myopine(マイオピン)とは、小児期の近視の進行を軽減させることを目的に、アトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、Singapore Natuonal Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されています。

近視進行抑制点眼(Mypione)の特徴

副作用がはぼ皆無の良好な近視抑制薬と言われております。

近視の進行を平均60%軽減させると言われています。

日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。

目の遠近調整機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません。

近見視力の低下に殆ど影響を与えず、更に進行性眼鏡も不要と言われています。

毎日たった一滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法になります。

各容器(1本5ml)は両目用に1ヵ月間の使い切りになっております。

本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

※マイオピンは近視の症状を有しているお子様(6歳から開始)への処方がすすめられており、処方の際は少なくとも2年間使用を継続することをおすすめいたします。

近視の進行を抑制することが大切な理由

近視進行抑制点眼(Myopine)
近視は高度な近視の場合、回復不可能な視力喪失、黄斑変性症、網膜剥離、または緑内障に発展する可能性があります。最近の研究によりますと、東アジア諸国、即ちシンガポール、台湾、香港、及び日本での近視の有病率及びその重度は上昇する傾向にあることが指摘されており、15~20%が高度近視であることが確認されています。この傾向は、目の病気の増加から財政的な負担も増えると考えられいます。

近視進行抑制点眼(Mypione)点眼薬が選ばれる理由とは

近視進行抑制点眼マイオピン(アトロピン配合)点眼薬は、近視の進行を遅らせるという点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている唯一の治療法です。アトロピン1%は1960年から、すでに近視治療用に使用され続けています。

  1. 瞳孔がひらき続けることによる、まぶしさと強い光による不快感や目の痛み
  2. 目の遠近調節機能(手元をみる作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等近くに見る必要がある作業が困難になる。
  3. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎

近視進行抑制点眼(マイオピン)は最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。

近視進行抑制点眼(マイオピン)は安全です

シンガポール国立眼科センター(SNEC)の研究によりますと、アトロピン0.01%の効果は点眼を2年間継続した後によるものです。

  1. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
  2. 眼圧(IOP:Intraocular eye pressure)に影響を与えないとの報告でした。
  3. 白内障を形成するとの報告はありませんでした。
  4. 点眼終了後も目の遠近調整機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
  5. 電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

アトロピン点眼効果研究報告